FC2ブログ

柚月 裕子 臨床真理



第7回の『このミステリーがすごい!』大賞での大賞を受賞した、女性臨床心理士を主人公とするミステリーです。

臨床心理士の佐久間美帆は、勤務先の医療機関で藤木司という二十歳の青年を担当することになる。司は、同じ福祉施設で暮らしていた少女の自殺を受け入れることができず、美帆に心を開こうとしなかった。それでも根気強く向き合おうとする美帆に、司はある告白をする。少女の死は他殺だと言うのだ。その根拠は、彼が持っている特殊な能力によるらしい。美帆はその主張を信じることが出来なかったが、司の治療のためにも、調査をしてみようと決意する。美帆は、かつての同級生で現在は警察官である栗原久志の協力をえて、福祉施設で何が起こっていたのかを探り始める。しかし、調査が進むにつれ、おぞましい出来事が明らかになる。『このミステリーがすごい!』大賞第7回大賞受賞作。(「BOOK」データベースより)

どうにももどかしいと言うか、今一つ物語世界に没入するにはためらいを感じる作品でした。

その一番の理由は、主人公の心理療法士である佐久間美帆の行動が向こう見ずで危なっかしく、読んでいて現実感が無いところにあると思われます。いくらなんでも突っ走り過ぎだろう、としか言いようのないこの行動は、小説として当たり前の話ですが、結果的には事件解決に結びつきます。しかし、やはり不自然です。

また、事件のカギを握る藤木司という青年の行動にしても、知的障害は無いにしてもその行動は激情的に過ぎ、設定として少々無理を感じます。

読後にレビューを読んでみると、物語が障害者を扱っているにしては安易に過ぎる、という批判も目につきます。その点での当否は判断はつかないのですが、少々書き過ぎでは無いかと感じたことも事実です。

物語の舞台設定はミステリーとして実に興味をそそられるし、事実、読んでいて惹きこまれもします。しかしながら、主人公にリアリティーを感じない私にとっては、面白いと思いながらも頭の片隅に覚めた部分が残っているのです。

本作品はこの作者の事実上のデビュー作品だと言うことです。それを考えれば見事としか言いようのない作品なのかもしれません。でも、それは読者にとっては無関係の事柄であり、作品自体をみると一歩引いた評価しかできないのです。

結論として、小説としての完成度が高いのかと問われれば、個人的には、そうではない、としか答えようのない作品だったのです。

しかしながら、このあとに書かれたこの作者の作品を読んでみると、やはり私の好みの作家ではあります。本作品に限れば今一歩物足りなさは残るものの、出されている作品はすべて読んでみたいと思わされる作家さんではあります。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR