FC2ブログ

笹本 稜平 破断 越境捜査


越境捜査シリーズの第三弾となる、長編警察小説です。

神奈川県瀬谷区の山林で、白骨化した死体が発見された。死体は、十年前に都内で失踪した右翼の大物。神奈川県警は自殺で片付けたが、あることに疑念を持ち捜査結果に納得しない県警の刑事がいた。宮野裕之。宮野はさっそく警視庁に赴く。捜査一課の鷺沼友哉にその疑念を話し、やがて、“不正規捜査”が始まった―。物語冒頭からトップギアで走るスピーディな展開。次々とわき起こる謎。2人の前にちらつく公安警察の影。まるで現実を見ているかのような組織の腐敗を正義で抉る、大好評シリーズ第3弾!!(「BOOK」データベースより)

このシリーズは「警察小説」と言って間違いではないと思うのですが、通常の警察小説とは趣を異にします。特に本書は警察内部での対立を描く作品であり、それも普通言われるキャリアと現場や、警視庁と県警の対立というものではなく、敵役となるのは公安部です。

それも、公安は組織の維持をこそ至上命題とする悪の巨大組織であり、鷺沼や宮野らこそが正義だという徹底した構図で成立しています。この構図は単純で分かりやすいかもしれませんが、現代の世相からすると、いや現代に限定せずと物語としてのリアリティーに欠ける印象は否めません。

この物語は、発見された右翼の大物の死体が自殺として処理され、そのことに疑問を抱いた一人の公安警察官もまた行方不明となっているところから始まります。そこに絡んでくるのが宮野であり、宮野から話を持ち込まれた鷺沼らのチームが、死体に隠された謎を解くことになります。そこで立ちふさがるのが公安警察ということになるのです。

従来、警察小説では刑事警察と公安警察とは仲が悪いものと相場が決まっていました。ただ、近年では公安を主人公にした警察小説も散見されるようになってきています。テレビドラマ化された逢坂剛の「MOZU」もその一つで、「公安」という言葉もかなり市民権を得たように思います。

実際、濱嘉之氏のような公安警察出身の作家さんも現れ人気作家となっていて、推理小説が好きな人には公安の内情もかなり知られているようです。

そのような現状下で、この本のように公安の存在意義を全く認めないという物語の構成は少々現実味に欠け、感情移入しにくいと言わざるを得ないのです。

そもそもこのシリーズ自体、第一作を除けば笹本作品の中では面白さでは決して頭抜けて面白いとは言えません。本作品も同様であり、公安の扱いの硬直ささえ無ければ、物語としては結構面白いのに残念です。この作家の『天空への回廊』などの作品のレベルを期待しがちではありますが、全作品に最高のものを要求すべきではないということでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR