FC2ブログ

東野 圭吾 疾風ロンド


東野圭吾の多くの貌の中のコミカルな味付けのある側面が出た、宝探し的側面のあるサスペンス色を持った長編娯楽小説です。

生物兵器を盗み出し、テディベアのぬいぐるみを目印にスキー場のそばに埋め、三億円を要求した犯人は、そのまま交通事故で死んだ。上司から探索を命じられた栗林和幸は息子の秀人を手伝いとして、犯人が生物兵器を埋めたと思われるスキー場に向かう。

東野圭吾と言えば社会性に満ちたミステリーこそが醍醐味とも思えますが、その多彩な才能は多くの分野の作品を発表しています。勿論コミカルな作品も少なからず書かれており、本作も肩の力の入らない、コミカルな側面を持ったサスペンス娯楽作品と言えるのではないでしょうか。

そもそも、盗み出した生物兵器をスキー場の近くの林の中に埋めるという行為自体がシリアスな設定からは遠い設定ですし、生物兵器を盗み出した犯人自体がいなくなるということも意表をついています。

また、当初の探偵役と思われた栗林和幸もとある研究所の研究員であり、何年もスキーをしたことの無い中年のサラリーマンなのです。そこで、中年の男の先生役として中学生の息子が登場し、スキー場で知り合った地元の中学生の女の子に淡い恋心を抱き、その行方も気になります。

実際の探偵的な立場にはスキー場のパトロール隊員である根津昇平という男と、その彩りとして昇平の幼馴染である瀬利千晶とがいて、スキー場狭しと飛び回ります。

息子の秀人が走り回る点では青春小説的な雰囲気をも持ちつつ、監視員の男が探索する点ではサスペンス小説の趣きをも持っていると言えるでしょう。端的に言えば、若干焦点がぼけているのです。

とはいえ、宝探しとしての側面ではコミカルな設定が生かされ、サスペンスの味付けも為された贅沢な物語と言えないこともないのでしょう。いや、そこまで言うのは言いすぎでしょうか。

東野圭吾の描く人間ドラマを期待する人には期待外れとしか言えない作品です。そうではなく、難しいことは考えずに面白い小説を期待する人には向いていると思われます。スキー場を舞台にした娯楽作品なのです。単純に楽しめば良いのです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR