FC2ブログ

笹本 稜平 分水嶺


ここのところ、震度1ないし2という細かな余震が続いていた我が郷土ですが、昨夜は震度5弱がありました。私の住んでいる区では震度4だったのですが、久しぶりの強い揺れにあの時のことを思い出してしまいました。東日本大震災の時には半年も経ってから震度5クラスの揺れが来たという話も聞きます。いつまでも気を抜けません。

それはさておき、本書です。山を舞台とする長編小説です。山を舞台とはしていますが、背景が山だということであり、山岳小説とは言っていいものか。あくまで主眼はエゾオオカミです。

風間健介は広告カメラマンとしての人気の凋落を感じていたが、父親の死去によりその意思を継ぎ山岳カメラマンとして再出発を期していた。そんなとき山で田沢保と名乗る男に出会う。死んだ父とも山で出会ったというその男は、人を殺して出所したばかりだという。そして、絶滅したと言われるエゾオオカミに命を助けられたことがあり、エゾオオカミ探しに熱中しているというのだった。

山岳小説と言えば、自然に対峙する人間、自然と人間との共存という視点は、避けては通れない視点だと思えます。特に「死」と隣り合わせとなる冬山では特にそうでしょう。同時に、動物、特に野生動物が登場する場合もまた同様の視座が要求されます。

本書ではオオカミがその野生動物です。殺人罪での服役という過去を持ち、変人で通っている田沢保は、オオカミに命を救われたという過去をも持っています。そのため、絶滅したと言われているエゾオオカミの存在を確信し、ここ大雪山系でその痕跡を探しているのです。

その探索は、また大雪山系のリゾート開発計画とは衝突する事柄であり、田沢の殺人罪での服役もリゾート開発を推し進める一派に陥れられた結果だとも言われているのです。

田沢はまたエゾオオカミの探索中に風間健介の父親とも山の中で遭遇しています。そして、山に魅せられた男同士の魂のつながりを感じていたのです。この大雪山系での健介の父親との話は、健介の再生物語へと連なっています。この物語は、エゾオオカミへのオマージュであるとともに、健介の再生の物語でもあるようです。

しかしながら、エゾオオカミの話になると、小説としては若干冗長でした。ある程度は仕方のかないことなのかもしれませんが、人間存在とオオカミに代表される大自然との共存を語る筆致が繰り返しになり、説教臭すら感じてしまうのです。

物語としては、ミステリーの側面も有してはいるのですが、それもオオカミメインの話の陰に隠れています。また、登場人物も幾人かはそれとなく胡散臭さを持っているような人物として登場し、裏の顔を表すのはいつか、という期待を持って読み進めたりするのですが、ネタバレ覚悟で言うと、裏切られます。

自然に対する不遜な人間という構図は繰り返し言われているところです。作者の自然に対する溢れんばかりの愛情は感じますが、物語としては若干空回り気味ではありました。

大好きな作家さんであるためにかなり辛口になったようです。

ところで、本書では「オオカミ」と表記してあり、決して「狼」ではないのです。これにはどういう意味があるのでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR