FC2ブログ

月村 了衛 黒警


これぞエンターテインメント小説です。舞台は警察がメインであり、主人公も警察官ですから警察小説と言っても間違いではないのかもしれませんが、警察小説と言い切るにはためらいがあります。というのも、何らかの事件が起き、解決のために刑事が捜査に乗り出す、という王道の警察小説からはかなり外れた物語だからです。

街で女を見捨てた警視庁組織犯罪対策部の沢渡と、行きずりの女の命を救った滝本組の幹部ヤクザ・波多野。腐れ縁の2人の前に、女を助けたい中国黒社会の新興勢力「義水盟」の沈が現れる。3人の運命が重なる時、警察内部の黒く深い闇が蠢きだす…。(「BOOK」データベースより)

本書の主人公は警視庁組織犯罪対策部の捜査員である沢渡であり、そこにヤクザの滝本組の幹部である波多野、そしてに中国黒社会の新興勢力である義水盟の沈という二人が加わり物語は展開します。

沢渡は警官ではありますが事無かれ主義のへたれ警官です。自分から他人の厄介事に首を突っ込むことは無く、ただ上司の叱責だけを免れれば良い、との考えの持ち主で、夜の街で絡まれている女性を見ても手を差し伸べようとはしないのです。

ヤクザの波多野は、沢渡とは逆にヤクザのくせに困っている女を見ると手を差し伸べずにはいられない性分です。というのも、かつて見捨てた女がその後で殺された過去を持っていたのです。沢渡との腐れ縁もその時にできました。沢渡が持っている負い目も助けを求める女を見殺しにしたことであり、その女は波多野が見捨てた女と同じ女だったのです。

ともに命取りとなりかねない弱さを抱え生きています。そこに、中国マフィア義水盟の沈という男が絡んできて、波多野を男と見込んで女を預けるのです。共にその場にいた沢渡も同じ船に乗り込むことになります。しかしながら、沈と思惑とは異なり沈の戦いの相手は強大な力を有していました。沢渡も自分が戦うべき真の敵を見つけることになりますが、その敵は意外な相手だったのです。

自らの失うものの大きさを考慮することなく危険に飛び込んでいくというお話。ある種の人情物語やハードボイルド、それにかつての任侠映画などにも同様の構造が見られました。

あらためて言うまでも無いことですが、人情に絡んだ自己犠牲の物語というのは私個人の嗜好というだけではなく、一般的な好みとして人気があるものだと感じます。

ましてや、月村了衛という作家の上手さが加わるのですから、面白い筈です。

月村了衛の『機龍警察シリーズ』は、シリーズの幾編かが「日本SF大賞」や「このミステリーがすごい!」他の大賞を受賞していて、骨格がきちんと練り上げられた物語でした。それとは異なり、とても軽く読むことができるエンターテインメント小説も多数書かれている月村了衛ですが、本書もわりと気楽に楽しむことができるエンタメ小説と位置付けられる作品でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR