FC2ブログ

朝井 まかて 藪医 ふらここ堂


引っ込み思案の娘おゆんとその父三哲、そして二人とりまく人々の騒動を描いた、人情長編小説です。

家族、夫婦、子育て、はては「恋」まで診立てます。天野三哲は江戸・神田三河町で開業している小児医。「面倒臭ぇ」が口癖で、朝寝坊する、患者を選り好みする、面倒になると患者を置いて逃げ出しちまう、近所でも有名な藪医者だ。ところが、ひょんなことから患者が押し寄せてくる。三哲の娘・おゆん、弟子の次郎助、凄腕産婆のお亀婆さん、男前の薬種商・佐吉など、周囲の面々を巻き込んで、ふらここ堂はスッタモンダの大騒ぎに―。(「BOOK」データベースより)

おゆんの父親天野三哲は小児医ではありますが、患者あしらいが雑なことから患者はなかなか寄り付きません。神田三河町では、この家の前庭には「ふらここ」があるところから「藪のふらここ堂」と渾名されているのです。「ふらここ」とはぶらんこのことで、三哲自らが作ってくれたものです。いまでは近所の子供たちの遊び場にもなっています。

読み始めの第一章は、この物語の人物紹介なども兼ねているところからか、朝井まかてという作家の個性をあまり感じられない、宇江佐真理あたりが書きそうな小説としか感じませんでした。勿論とても読みやすい物語ではあります。人物紹介も簡潔であり、それでいて特徴が良く分かります。

登場人物としては、おゆんの幼馴染で三哲の押し掛け弟子になっている次郎助、その母親のお安、そしてお安と良いコンビでもあり「婆さんていうな」が口癖の産婆のお亀婆さんがいます。そして、物語のキーともなる薬種商の男前の佐吉とその息子勇吉という面々です。

この物語について、著者は「市井の、少々ぬけた人々の物語を書きたくて、江戸時代に実在したヤブの小児医を主人公にしました。」と言っています。その前提として「死人の七割が子どもだった」という江戸時代においての「子育て」をテーマに書いてもらった、というのは担当編集者の言葉です。

その編集者の言葉通りに、「母子同服」とは母と子に同じ薬を飲ませることを言うのだそうですが、母親と子は症の根っこが繋がっている、との三哲の投薬の姿が描かれていたりもします。

この著者たちの言葉が実感として感じられ、読んでいてやはり朝井まかての物語だと感じられてくるのは第三・四章あたりからでしょうか。男前の佐吉が長屋に住むようになり、お亀婆さんとお安との掛け合いも調子に乗ってくる頃です。

その後良くできた人情時代小説と思っていたこの物語が、三哲というのはいったい何者か、というミステリアスめいた話もを加わり、小説としての面白さが倍加していきました。

朝井まかてという作家の作品の中で群を抜いた面白さなどとは言えませんが、それなりのうまさで読ませてくれる作品でした。しかしながら、やはりこの作家は「恋歌」のようにしっとりと読ませる作品のほうが本領だと、あらためて感じさせる作品でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR