FC2ブログ

今野 敏 潮流―東京湾臨海署安積班


東京湾臨海署安積班シリーズ第15作目の長編警察小説です。

8月の穏やかな月曜日、東京湾臨海署管内の複合商業施設内で急病人が出て、救急車の要請があった。同じ症状で救急搬送される知らせが立て続けに入り、同じ毒物で三人とも死亡した。彼らにつながりはなく、共通点も見つからない。テロの可能性も疑う安積。そこに、犯人らしい人物から臨海署宛てに、犯行を重ねることを示唆するメールが届く――。捜査を続けていくなか、安積は過去に臨海署で扱った事件を調べることになり、四年半前に起きた宮間事件に注目する。拘留中の宮間は、いまだ無罪を主張しているという。安積は再捜査を始めようとするが……。(出版社・メーカーからのコメント)

いつものように小気味いいテンポで話は進みます。何度も書いていると思いますが、本シリーズは安積班の個性的なメンバーがそれぞれに等しく活躍し、メンバー全員が力を合わせることによって時間を解決していく、そこが一番の魅力でしょう。

そもそも安積警部補が本事件にテロの可能性を感じたのは、搬送された三人の死亡は「リシン」という毒物によるものだと判明した時、安積班のメンバーである須田が海外で起きたリシンがらみの事件を思い出したことから始まります。小さな鉄球を打ち込むというその手口は今回の事件と一致するのです。その後、犯人しか知りえない情報が記載されたメールが臨海署に届き、ここから安積は臨海署で扱った過去の事件にからむ可能性を疑い、その線を追及するのです。

今野敏の小説は、ミステリー仕立てではありますが、謎解きそのものを楽しむ、と言うよりは、謎を解明する人間のありよう、人間模様こそが面白いと感じます。その点で本書はシリーズの中でも上位に位置する面白さを持っていると思われるのです。

それは、安積班のメンバーの動向は勿論ですが、交通機動隊の速水の存在も大きなものがあります。安積と速水との掛け合いはこのシリーズの名物とも言えるでしょうが、本書でも速水の活躍は光ります。どことなく、パーカーシリーズのホークとの掛け合いを思い出していました。

加えて本書の場合、警視庁本部からやってきた池谷管理官、及びなにかと安積と対立する佐治基彦係長率いる殺人犯捜査第五係の存在が大きいのでしょう。この本部組が敵役となって臨海署組に照明が当たる仕掛けが当てはまり、臨海署のまとまりが小気味良さを見せているのです。

その意味で臨海署署長や刑事総務係長の岩城など臨海署の仲間の、本庁の人間たちの鼻を明かそうとして安積らの動きを支える動きも魅力的です。ここらの「意気に感ず」式の人間描写は、ベタではありますが万人に受け入れられる話ではあり、この作者はベタな設定をも上手く描いて物語の魅力を増しています。

加えて言えば、警察とマスコミとの関係もあります。なにかと安積とかかわりのある東報新聞の山口友紀子をその代表とし、マスコミ側の対立存在として東邦新聞の遊軍である社会部の由良清一という存在があります。正統派の山口と由良という対立存在でマスコミの両側面を表しているようで、この点も上手いと思うところです。

結局、安積班に光をあてる仕組みそれぞれがうまくいっており、この物語がエンターテインメント小説として成功しているとこではないでしょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR