FC2ブログ

誉田 哲也 インデックス


久しぶりの姫川玲子の物語でした。

前作『ブルーマーダー』から二年。やっと姫川玲子の物語を読むことができました。今の警察小説の中では独特の地位を得ている作品です。今野敏の『隠蔽捜査シリーズ』や『安積班シリーズ』とはまた違った、シリーズものの警察小説の中でもトップレベルの面白さを持っている、姫川玲子というキャラクターを良く生かしている作品だと思います。

「アンダーカヴァー」

どうも見たことがあると思ったら、テレビドラマ版(「ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン」)で放送された作品でした。姫川がギラギラの派手な衣装を着て取り込み詐欺グループに乗り込み、エセ関西弁でまくしたてる場面は忘れようと思っても忘れられない場面でした。今回本作品を読むと、あのドラマがかなり原作を忠実に再現していたのだと良く分かりました。ここでの姫川は『インビジブルレイン』事件ののち、池袋署強行班捜査係に異動になってすぐの話です。

勿論、取り込み詐欺の捜査自体の様子も面白いのですが、容疑者と姫川とのやり取りが実に読み応えがあります。

「女の敵」

今泉、石倉らとともに「ストロベリーナイト事件」で殉職した大塚真二刑事の墓参りを済ませた姫川の、姫川が捜査一課殺人犯十係主任を拝命してすぐ、大塚と組んで担当した変死体事案を回想するお話です。

「彼女のいたカフェ」

池袋の「ブックカフェ」に勤務する賀地未冬は、いつも法律の本を読んでいる美しい女性が気になっていた。その後他の店に移り、再び池袋店に勤務することとなった未冬は、意外な場所であの女性と出会うのだった。

第三者目線で姫川の存在を描いた、シリーズの中でもちょっと変わった、しかし姫川の人となりもよく描かれている作品です。

「インデックス」

『ブルーマーダー』事件の「一応の収束」後、しかし被害者の数や、個々の事案の詳細は未だ解明されてはいなかった。そんな折、姫川は本部の刑事部捜査一課への異動の内示を受ける。ただ、池袋署刑事課強行犯捜査係との併任であり、更にはあの井岡も同じ刑事部捜査一課殺人犯捜査十一係への併任配置だというのだ。翌日からブルーマーダー事件の捜査も組むことになってしまうのだった。

本シリーズの名物男である井岡と姫川とのコンビによる捜査の様子を見せてくれる作品です。

「お裾分け」

捜査一課に復帰した姫川は早速小金井署の特捜本部にはいることとなった。そこにはやはり本部から派遣されていた三人がいて、姫川を主任とするチームを組むことになる。何より、このチームには併任を解かれたはずの井岡まで参加するのだった。

この作品でも井岡と姫川との迷コンビの掛け合いが全編を貫いています。

「落としの玲子」

姫川を捜査一課へと引き戻した今泉と飲んでいると、今泉から姫川の取り調べの下手さを叱責されます。しかし、とある写真をきっかけに今泉と姫川との立場が逆転し、・・・。

「夢の中」「闇の色」

墨田区本所署管内で刺傷事件が発生し、応援として本所署へ詰めることになった。被害者の一人である峰岡里美に話を聞くが何故かなかなか意思表示をしない。不審なものを感じた姫川が捜査を詰めると、里美の子供の存在が浮かびあがってきた。

このシリーズの本来のトーンとも言うべき暗い闇が再び戻ってきた、という印象です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR