FC2ブログ

谷口 ジロー・久住 昌之 孤独のグルメ


この物語は最初はテレビドラマとして人気が高くなっているという話から知りました。松重豊という芸達者な役者さんがそこらの食堂や甘味処に入り、ただひたすらに食べ、その感想を独白する、それだけのドラマ(と言っていいものかは分かりませんが)です。私の暮らす地方では昨年でしたかやっと放映されたので勇んで見たものです。

ただただ食し、そして感想を言う、それだけのドラマですが、妙に心惹かれるものがあります。評判になるのも良く分かる、そういうドラマでした。それは松重豊という役者さんのおいしそうに食べるその演技がうまい、ということが一番でしょうが、番組の構成が良くできているのでしょうね。

と、そういうドラマの原作になっているコミックが本書です。テレビドラマ以上に一話が短い漫画でした。何しろ一話分が八頁しかないのです。ただ、谷口ジローという漫画家の絵の力がすごい。

主人公の井之頭五郎は個人の輸入代行業者で、あちこちに顧客を有しています。その仕事の合間に街の食事処に立ち寄り、食すのです。たった八頁に収められた一コマ一コマがものすごく丁寧です。その中で主人公がただ食べる。谷口ジローという漫画家の画力に恐れ入るばかりです。

そしてこの物語の原作を担当しているのが久住昌之という人です。本当に「食べる」ということが好きな人なのでしょう。この人が食べ歩いた実体験を文字に起こし、それを谷口ジローが絵にしている、多分そいうことでしょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR