FC2ブログ

浅田 次郎 わが心のジェニファー


今まで読んできた浅田次郎作品とは、少々趣の異なる長編小説です。

アメリカ人青年のラリーは、日本をこよなく愛するジェニファーから、プロポーズの前に一人で日本を見てきて欲しいと、そして旅先からはメールではなく手紙を書くように頼まれる。日本へと旅立ったラリーは、日本行の機内で早々と洗礼を受けるのだった。

一言で言うと、一人のアメリカ人青年を通して見た日本という国の紹介物語です。ただ、そこには若干の違和感が付きまといます。それは単に日本を外から見たという意味での客観的日本ではなく、ラリーというアメリカ人青年の主観を通した日本感であり、それは作者である浅田次郎の主張のはいったところのラリーの主観であるということからくるものでしょう。

ラリーの主観を通した日本感という意味では、ある程度の客観性もあると思われます。作者は本書を書くに際し、日本に留学している外国人留学生に多くの日本の印象を聞いてこの物語を書いたと言っていますから、かなりの客観性はあると思われるのです。

この点では外国人の驚きという感想に対しての私たち日本人としての驚きはもちろんあります。そこには文化や生活様式からくる違いがあるのでしょう。ここで評される日本人観はそれなりに面映ゆくはありますが、誇って良い側面なのでしょう。

ただ、日本に対するラリー個人の感想は、あたりまえですが作者浅田次郎の思惑がかなり入っているようです。ラリーの目を通して語られる日本は過剰なまでのサービスの国であり、行き交う人は皆親切です。現実の日本がそうとばかりは言えないことはわたちたち自身が知っています。勿論作者もそうであり、でありながらラリーに過剰な日本の親切心を語らせている意図は何でしょう。ここらがよく分からない違和感があるのです。

単純に考えれば一種の皮肉と捉えることができそうですが、作者が浅田次郎ということを考えると他の意図も考えられます。特に、物語の後半に主人公のラリーが湯の街別府を訪れるあたりから物語がファンタジーへと移行していることを思うと、あらためてそう思います。

結局よく分からない。

物語として見た時の本書は、面白いかと問われれば、決して面白作品だとは言えませんでした。ただ文章を読んでいるだけで、何とはなしに心地よさを感じる作品ではありました。それは浅田次郎の文章そのものが持つ魅力なのでしょう。日本語としての心地よい韻を踏んだり、七語調をベースにしていたりすることもない、普通の散文なのですが、心地よいのです。それは選ばれている言葉とか文章の長さ、区切り方などという作法が読み手としての私の波長にあうからなのでしょう。そういう意味ではまぎれもない浅田作品でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR