FC2ブログ

佐伯 泰英 未決: 吉原裏同心(十九)


三年以上ぶりに佐伯泰英の吉原裏同心シリーズを読みました。第十九弾です。

吉原にある老舗妓楼「千惷楼」で人気の女郎が客と心中した。知らせを受けた吉原裏同心の神守幹次郎と会所の番方・仙右衛門は、その死に方に疑いを抱く。真相を究明せんと探索する二人だったが、その前には常に大きな影がつきまとう。そして、吉原自体の存在を脅かす危機が訪れる。幹次郎、そして吉原の運命は―。快進撃の人気シリーズ、一気読み必至の第十九弾。(「BOOK」データベースより)

佐伯泰英の作品は痛快活劇小説の印象が強くあったので、このシリーズを久しぶりに読んでみると、このような捕物帳仕立てだったのかと改めての驚きでした。

吉原の老舗妓楼での女郎とその客との心中騒ぎ。その裏に隠された謎に立ち向かう神守幹次郎と仙右衛門です。幹次郎の剣の冴えで吉原に迫る幕府の実力者などの外部勢力との抗争を乗り切ってきた物語だとの印象は、かなり変わる筋立てでした。シリーズものも三年の間を置くとこんなにも印象が薄れるのか、それとも読み手である当方の歳による忘却のためなのか、それは分かりません。

どちらにしろ、他のシリーズとは若干その雰囲気を異にしています。しかし、痛快活劇を中心とする佐伯泰英の筆であることに変わりは無く、ただ楽しめばよく、実際楽しめる作品です。

文庫本で320頁という、決して薄くはない物語です。その短くはない物語の中に、女郎の心中騒ぎや、心中した女郎の正体にまつわる謎、そして吉原を襲う新たな足抜き方法など、次から次へと新たな事件が巻き起こります。そうした事件に上手く対処する仙右衛門、それを支える神守幹次郎という出来上がったパターンではありますが、読者を飽きさせない仕掛けがきちんと施されています。

心中騒ぎの陰に隠された陰謀の中心にいる存在は分からないままで終わります。その陰の存在がこのシリーズの敵役としてあって、物語をより面白いものにしてくれるのでしょう。

佐伯泰英という作家がベストセラーを連発する秘密が垣間見えるような作品でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR