FC2ブログ

池井戸 潤 下町ロケット 2


ロケットエンジンのバルブシステムの開発により、倒産の危機を切り抜けてから数年――。
大田区の町工場・佃製作所は、またしてもピンチに陥っていた。
量産を約束したはずの取引は試作品段階で打ち切られ、ロケットエンジンの開発では、 NASA出身の社長が率いるライバル企業とのコンペの話が持ち上がる。
そんな時、社長・佃航平の元にかつての部下から、ある医療機器の開発依頼が持ち込まれた。
「ガウディ」と呼ばれるその医療機器が完成すれば、多くの心臓病患者を救うことができるという。
しかし、実用化まで長い時間と多大なコストを要する医療機器の開発は、中小企業である佃製作所に とってあまりにもリスクが大きい。苦悩の末に佃が出した決断は・・・・・・。
医療界に蔓延る様々な問題点や、地位や名誉に群がる者たちの妨害が立ち塞がるなか、佃製作所の新たな挑戦が始まった。

大ヒットテレビドラマ「下町ロケット」の後半「ガウディ編」の原作ともなった、池井戸潤著の前作「下町ロケット」の続編の痛快長編小説です。

本書を読んでいる途中でもやはりテレビドラマの印象はそのまま残っていて、阿部寛や吉川晃司らの顔がちらついていました。なによりも、ストーリーの展開が分かっているというのは小説の面白さを半減させますね。やはり小説を原作とする映像作品の場合は、原作を先に読んでから映像を見るべきだと感じました。映像は原作小説のイメージをどのように映像化しているかという興味で見ることはできますが、映像を先にみると原作を読んだ時のイメージが固定されてしまい不都合です。

ロケットのバルブシステム開発に伴う様々な困難に直面する姿を描き出していた前作「下町ロケット」の爽快感はそのままに、今回は医療の分野、心臓手術に使用する人工弁の開発に乗り出した佃製作所の面々の苦労が描かれています。

今回の敵役としては、佃製作所にダミーの発注をする日本クラインと、佃工業とチームを組んだ北陸医科大学の一村隼人教授のかつての師であり、日本クラインと結びついているアジア医科大学の貴船教授がいて、彼らが佃製作所の開発チームの行く手に立ちはだかり、種々の妨害工作を仕掛けてきます。

そして何よりの障害は、日本クラインや帝国重工に何とかもぐりこもうとする新興の「サヤマ製作所」が直接の相手方になります。サヤマ製作所の所長をテレビドラマでは小泉孝太郎が演じていたのですが、本を読んでいても彼の顔しか浮かびませんでしたね。

今回は会社の経理の側面での苦労話は無く、大学教授間の権力争いや、企業間での主導権争いなど、いかにもドラマチックな装いが目立ったように思います。その意味では前作のほうが小説の出来としては良かったと言えるかもしれません。

それでも、痛快企業小説としての面白さは間違いのないところであり、佃製作所の新たなる挑戦の物語を読みたい気もしますが、今のところ続編の気配は無いようですね。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR