FC2ブログ

葉室 麟 影踏み鬼


『蜩の記』で直木賞を受賞された葉室麟氏が新選組を描いた作品です。いつものように「新選組の本を読む ~誠の栞~」で紹介してありました。なかなかにタイミングが合わなくて借りることが出来なかったのですが、やっと読み終えました。

伊東を慕い新撰組に入隊、後に赤報隊へ身を投じた久留米脱藩隊士・篠原泰之進。彼の眼を通じて見た、新撰組の隆盛と凋落を描く。(「BOOK」データベースより)

本書で描かれているのは新選組そのものではなく、常であれば新選組に仇なす集団とされる高台寺党の中でも、近藤勇を撃った卑怯な雑兵として描かれることの多い、篠原泰之進という男です。

端的に言って、葉室麟という作家らしくない文章だというのが第一印象です。葉室麟の本来の者ち味である、凛とした、硬質な文章でありながら情感豊かに侍の生きざまを描き出すという作品ではなく、心象風景を描くこともなく淡々と事実を列挙する、抒情性を排した文章で構成された作品になっているのです。

それは、篠原泰之進という男を描く上で、殺人集団としての新選組を浮き彫りにしている作品だからなのでしょうか。とくに本作で描かれる新選組は殺戮者としてのそれであり、時代の波に巻き込まれ心ならずも剣を取らざるを得ない男たち、若しくは自らその波に飛び込んでのし上がるために剣を取る、などという青春群像劇のニュアンスなどどこにも見られない作品になっています。

そのことは、高台寺党に参加する藤堂平助や斎藤一の描き方も異なることになりますが、そうした描き方自体は特別にユニークなもんではありません。近藤も土方も、そして沖田総司でさえも殺戮者であることも同様です。ただ、斉藤一だけは、何となくではありますが、篠原と心が通じる男として描写してあります。共に剣の使い手であり、激動の時代を潜り抜け、明治の世まで行きぬいた男という点で共通するものを感じたのでしょう。

本書序盤で、坂本竜馬の人柄を「女や子供に好かれる男」として描き、篠原泰之進と上手くかかわらせています。それも寺田屋という場所で、おりょうの連れとして、篠原の妻となるべき女性の萩野と共に合わせているのです。このあと、竜馬をしばしば登場させ、竜馬の暗殺の場面も、篠原に竜馬殺害の真犯人を目撃させたりと、ポイントで竜馬を微妙にかかわらせているのは、小説としてのエンターテインメント性を考慮したからでしょうか。

また、萩乃という女性と篠原泰之進とが夫婦関係にあったというのは史実らしいのですが、篠原の人間味を引きだすのに、萩乃親子がうまく使われていて、殺伐としたこの物語の息抜きとなっています。

若干気になる点もあることはあります。例えば、油之小路事件の折、近藤の妾宅に呼ばれた伊東は、酒の席で殺気を感じ「近藤の言葉を斬首の申し渡しのように聞い」ていながら酩酊するほどの酒を飲んでいますが、そうした状況ではそんなには飲まないのではないだろうか、という疑問はのこります。実に細かなことではあるのですが、こういう些細な点を気にしてしまいます。

タイトルの「影踏み鬼」が、攻守交替する鬼ごっこの意だと明らかにする萩野の子の松之助との会話は、何故か心に残りました。

葉室麟の新たな一面を見た本書は、また篠原泰之進目線で語られる新選組という点でも面白い小説でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご紹介多謝

今回も当方ブログをご紹介くださり、ありがとうございます。

本作は、主人公の心理が肝心な場面でわかりにくく感じました。
新撰組をあれほど警戒していた泰之進が、伊東をもっと強く引き止めなかったのはなぜか、納得のいく理由が見つかりません。
また、討死覚悟で油小路に向かいながら、近藤がいないとなると急に退却を言い出すところも、皮相的なせいか一貫性に欠ける印象を受けました。
それでも、妻子を愛し幕末動乱を生きのびた志士の物語として、そこそこ面白かったとは言えるでしょう。

末尾ながら、御地ご復興を心よりお祈り申し上げております。

Re: ご紹介多謝

> 本作は、主人公の心理が肝心な場面でわかりにくく感じました。

そうですね。
葉室麟という達者な作家にしては、首をひねる個所が散見されたのは残念ではありました。

> それでも、妻子を愛し幕末動乱を生きのびた志士の物語として、そこそこ面白かったとは言えるでしょう。

全く同感です。
私なんぞにとっては、上手い作家のこれまでとは異なった視点での新選組というだけでも読んだ甲斐がありました。

> 末尾ながら、御地ご復興を心よりお祈り申し上げております。

ご丁寧にありがとうございます。
幸い、と言っていいものか、私の住む地域は震源近くの益城町などに比べればまだ数段ましな方で、益城町に住む知人の話は悲惨です。
それでも、皆さんの支援のおかげで日々の暮らしは戻りつつあるようです。

話は変わりますが、東屋梢風さんにご紹介いただいた本はまだ半分も読めていないのが気がかりです。
せっかくご紹介いただいたのに申し訳ありません。
時間をかけて読みたいと思っています。
プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR