FC2ブログ

金子 成人 付添い屋・六平太 鳳凰の巻 強つく女


付添い屋六平太シリーズの第七弾です。

第一話 残り雁
六平太は、夕闇のなか三人の侍に襲われている男を行きがかり上、助けた。狙われた男は、大身の旗本、戸田左近家中の高山金之丞。高山は、女郎と心中した戸田左近の身代わりにされ、死んだことにされていた。
第二話 毒空月
大名家、旗本、大店に出入りする乗り物医師・志村了斎の付添いを請け負った六平太。了斎は溜まった薬代の片に商家の娘をを妾にしているという。そんな阿漕で意地の悪い了斎の乗り物が、子供達に襲われた。
第三話 強つく女
六平太は、小間物問屋「沢野屋」の女主、お寅の付添いを番頭の与左衛門から頼まれる。お寅の物に対する審美眼は確かなのだが、腕の落ちた職人に対して容赦がないため、ほうぼうで恨みを買っているというのだ。
第四話 長屋の怪
同じ長屋住まいの噺家・三治の顔色が良くない。訳を聞くと、神楽坂の料理屋で、偶然押し込みの密談を耳にしてしまい、以降誰かに付け狙われているという。折しも江戸では、荒っぽい押し込みが頻発していた。(「内容紹介」より)

本巻から第三部が始まりました。とは言っても、これまでと特別変わってはいません。ただ、義妹佐和が嫁ぎ、一人住まいとなった六平太が新しく近くの市兵衛店に転居したこと、それに出て行ったままの髪結いのおりきの行方も分からないままです。代わりに第一話で殺された金之丞の妻女が気になる存在として登場します。

シリーズものの常として、各巻ごとに記す事柄はあまり無いのです。本巻でも、新しいシリーズに入ったということだけが目新しく、それ以外、特に無く困ったものです。

ただ、だからと言って面白くないわけではなく、六平太の身の回りの変化に気をやりながらも、いつもの付き添い稼業に伴い語られる人情話は、それはそれで心地よい時間です。この時代小説がすごい!2016年版の第四位に選ばれているのもよくわかります。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR