FC2ブログ

佐伯 泰英 遺文: 吉原裏同心(二十一)


痛快時代小説、吉原裏同心シリーズの第二十一弾です。

吉原会所の頭取・四郎兵衛の傷がようやく癒えた折り、またも吉原が「脅威」にさらされた。吉原裏同心の神守幹次郎は、いまだ復調ならぬ四郎兵衛に伴って、吉原の秘された過去の「遺文」があるとされる鎌倉へ。そこで彼らを待ち受けていたのは過去最強の刺客たちと衝撃の「秘密」だった。シリーズ史上最高傑作!吉原、鎌倉を舞台に壮大なドラマが繰り広げられる第二十一弾。(「BOOK」データベースより)

その存続の根底にかかわる難題が降りかかっている吉原でしたが、本書で一応の決着を見ます。

前作で大怪我を負った吉原会所の七代目頭取である四郎兵衛でしたが、吉原を狙う勢力を誘い出す意味をも兼ねて、神守幹次郎を引き連れて鎌倉へと出かけることになります。

鎌倉は建長寺にやってきた幹次郎たちですが、そこへ思惑通りに刺客らが襲いかかり、幹次郎の活躍で事なきを得るのです。ところが、ここでの幹次郎の強さばかりが目立ち、読者としては痛快ということを通り越して、引いてしまうことにもなりかねない印象です。 何人の刺客が襲いかかろうとも、幹次郎一人で退治してしまうのですから、幹次郎さえいれば他は何もいらず、吉原は安泰ではないのかとさえ思ってしまいます。

痛快小説の難しいところでしょう。主人公が勝つのは分かっていて、それでいて緊迫感や切迫感を出しながら見どころを作っていかねばならないのですから大変です。そこでキャラクターやストーリーそのもののに工夫を凝らすことになるのでしょうが、本書はその点で行くと上手くいっているとは言えないと感じます。

その工夫の一つとして、ストーリーの面で、吉原の成り立ちからの秘密という、物語の根幹にかかわる大きな謎を持ってきてはあるのですが、その点でも決してうまくいっているとは思えませんでした。

このシリーズも若干間延び感が出てきたのでしょうか。残念です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR