FC2ブログ

辻堂 魁 風立ちぬ 風の市兵衛



風の市兵衛シリーズ第六弾です。
九歳になる音羽の色茶屋の倅・藤蔵は、勘定方を輩出する算勘専門の私塾入門を目指し、“算盤侍”唐木市兵衛を師に招いた。同じ頃、市兵衛の周囲には、殺気を纏う托鉢僧や謎の祈禧師集団が出没、不穏に。一方、芸者勤めをする藤蔵の姉・歌は、旗本・桜井長太夫につきまとわれていた。やがて祈禧師らが動き始め、江戸を地獄に変える夜が始まろうとしていた…。(上巻)
旗本・桜井長太夫の芸者・歌への執着を利用して音羽の花街を取り締まらせ、同時に付け火で町方を混乱させた祈祷師盗賊団の金座襲撃は成功した。その夜歌が失踪、市兵衛は捜索に乗り出し、面目を失った奉行所も一味捕縛へ躍起に。最中、市兵衛に迫る托鉢僧が剣の兄弟子・真達で、目的が市兵衛誅殺と判明するが…。市兵衛の過去も明らかになる、シリーズ最高傑作。(下巻)(「BOOK」データベースより)

前巻同様に、本書でも市兵衛の「用人」としての能力を示す場面が用意されていました。それは音羽の色茶屋の息子である藤蔵の家庭教師としての算術の能力です。

私なんぞの文系の頭では未だに理解しているとは言い難い問題が出ています。それは私はアキレスと亀の問題として聞いていたものでした。「ゼノンのパラドックス」として高名なこの問題を市兵衛は分かりやすく説いて聞かせます。その後、木の高さの図り方などの数学の実利について説きながら、物事の考え方について教えるのです。

こうした先生はなかなかいないでしょう。こんな先生であれば私も少しは数学に興味を持てたのに、と一旦は思ったのですが、結局はやはりしない奴はどんな状況であってもしない理由をつけるでしょうから、多分同じことだったでしょうね。

本書の面白さは、個人的には前巻には及ばないと思っています。本書でも市兵衛の数理に対する強さも剣の見せ場も十分に用意してあります。加えて、市兵衛の兄の片岡信正やその部下の返弥陀之介、北町奉行所定町廻り同心の渋井鬼三次など、このシリーズのオールスターキャストで成立しており、シリーズの真ん中を進んでいる物語です。にも拘らず、前巻に心惹かれるのは、前巻に登場した元北相馬藩士中江半十郎の潔さにあるのかもしれません。

本書でも幼い籐蔵の頑張りも魅力ではありますが、それ以上のものではないのです。代わって藤蔵の姉である歌がいて、この娘が市兵衛と何らかの進展があればまた話は変わってきたのかもしれません。が、残念ながら二人の間に何か起きそうな雰囲気を漂わせてないるものの、物語の彩り以上のものではありませんでした。

この手の良質のエンターテインメント小説にはまると、より人間を深く追求し描いた作品などを読む気が失せそうで怖い気もします。しかし、このジャンルの作品には作品なりの楽しみ方があっても良い筈だと勝手に決め付けて、更に読み続けたいと思うのです。

痛快時代小説として今一番の面白さを感じているシリーズの一冊として面白い作品であるのは間違いありません。次の作品を読みたいとそれしかない私です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR