FC2ブログ

荻原 浩 海の見える理髪店


2016年の第155回直木賞を受賞した、家族のありようを描いた全六編の短編集です。

伝えられなかった言葉。忘れられない後悔。もしも「あの時」に戻ることができたら…。母と娘、夫と妻、父と息子。近くて遠く、永遠のようで儚い家族の日々を描く物語六編。誰の人生にも必ず訪れる、喪失の痛みとその先に灯る小さな光が胸に染みる家族小説集。 (「BOOK」データベースより)

「海の見える理髪店」
海の見える場所に店を移し営業していた理髪店に一人の若者が訪れます。理髪店の店主は、この客に対して自分自身やこの店の来歴について語り始めるのでした。

高倉健のエピソードを思わせるこの設定は、当初の私の予想外の展開を見せ始めます。その後の意外性を持った展開があって、最後の一行が泣かせます。何よりも店主の語りを描写する文章が美しく、心地よいひと時を過ごせました。

「いつか来た道」
母親のもとを久しぶりに訪ねると、やはり会話はかみ合いません。しかし、・・・。

この物語は今の私にはかなりきつい物語でしたね。話の流れ自体は冒頭から展開が読める話ではありました。というよりも作者自体が意図的にそのように描いている節があります。頭のどこかで分かっていながらも認めたくない主人公の心情を、そういう形で表現されたのでしょうか。

「遠くから来た手紙」
冒頭から家出をしてきた祥子の姿が描かれます。そこに夫からと思われる、しかし仕事用でもあるかのような意味不明のメールが届くのです。

何とも言えないファンタジックな物語です。設定は特別ではないのですが、文章のうまさ、物語の組み立て方の巧みさについついい引き込まれてしまいました。

「空は今日もスカイ」
家出をして一人海を目指す小学三年生の茜は、途中で知り合った森島陽太という少年と出会い、二人して海を目指します。

この物語はよく理解できない話でした。結局、作者は何を言いたかったのでしょうか。幼い子らの言葉の大人への届きにくさ、を言いたかったのか、とも思いましたが、それにしては結末があいまいな気がします。

「時のない時計」
父親の形見の腕時計の修理のために訪れた時計屋ではいろいろな時が流れており、時計屋の親父の時につきあわされる主人公です。

腕時計はほとんどしない私ですが、親父の形見のちょっといい値段の時計だけはしばらくの間付けてましたね。その時計も今はもう壊れて動きません。「止めてあるのと、動かないのとでは大違いですから」との言葉は、私が常々思っていた事柄とも結びついて心に残りました。

「成人式」
娘を亡くした夫婦の色を亡くした日々の描写から、一転、とんでもない行動に出る夫婦の姿が描かれます。

この物語も最後に親の子を思う心根を偲ばせる一言で終わっています。やはり、話の進め方、文章のうまさが目立つ作品でした。



本書は、これまで読んだ二冊『オイアウエ漂流記』『四度目の氷河期』とは、かなり印象の異なる作品であることに驚きでした。

どの作品も主人公の目線で語られる、「家族」についての物語です。「空は今日もスカイ」だけは少々分かりにくく感じましたが、それ以外の作品はどれも普通の言葉で、深い情感を漂わせている物語でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR