FC2ブログ

吉川 英梨 アゲハ 女性秘匿捜査官・原麻希


非常にテンポのいい、リズミカルに読み進めることのできる長編の警察小説です。

警視庁鑑識課に勤める原麻希は、麻希かつての上司の戸倉加奈子と共に、それぞれの子供を誘拐され、誘拐犯の指示に従うようにと指示される。調べていくと、そこにはかつて彼女らがかつて追い、そして敗北したとある事件と、壊滅したはずのテロ集団「背望会」の影が見えるのだった。

警察小説にも幾通りかの流れがあります。一つには松本清張らを始めとする犯罪動機重視の社会派の流れをくみ、読者に一定の考察を促す作品群があり、対照的にいわゆる通俗的な小説としての警察小説もあります。

また別の観点からは、今野敏の『安積班シリーズ』のようなチームプレイでの犯罪捜査を描く作品があって、一方大沢在昌の『新宿鮫』のような孤高の刑事を描くハードボイルドタッチの作品もあります。

そして本書は、個性的な一人の主人公のもとにキャラの立った脇役が補佐しつつ物語が進行するという、単に物語の流れを楽しむ作品群に属するのです。ひたすらに作者の敷いたレールに乗っていけば楽しいひと時を過ごせる、そんな物語だと思います。

ですから、少々の設定の強引さ、物語構成の甘さなどは無視して読むべき作品でしょう。例えば、強姦犯人が自ら罪を認めながらも嫌疑不十分で釈放されることとか、鑑識課員が捜査し尽くした現場で新たな証拠品を見つけるなどの、現実にはあり得ない設定だという点は、一応そんなものとして話を読み進めるべきです。

そうすれば、「ハラマキ」と呼ばれた主人公の「フルネームで呼ばないで。」などという決まり文句や、着替えを渡された主人公がブラジャーが無い、などと文句を言ったりと、シリアスな場面が展開する中にユーモラスな進行があったりの工夫も気楽に楽しめ、調子よく読み進めることができます。勿論ミステリーとしての謎の追及も主軸として在り、全体として面白く読み終えることができるでしょう。

言ってみれば、ノンストップの痛快警察ミステリー小説であり、文句なしに楽しめる小説です。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR