FC2ブログ

志水 辰夫 疾(はし)れ、新蔵


三年前に『飢えて狼』を三十年ぶりに再読して以来の志水辰夫作品でした。

新蔵は越後岩船藩の江戸中屋敷に向かった。姫を国許に連れ戻す手はずであった。街道筋には見張りがいる。巡礼の親子に扮し、旅が始まった。手に汗握る逃走劇の背後には、江戸表と国許の確執、弱小藩生き残りをかけた幕府用人へのあがきがあった。そして、天領だった元銀山の村の秘密、父子二代に亘る任務のゆくえも絡み一筋縄ではいかないシミタツの魅力満載!山火事が迫る中、強敵と対決する!姫を伴った新蔵の旅は成就するのか? (「BOOK」データベースより)

当初は「蓬莱屋帳外控」シリーズと勝手に思い込んで読み始めたのですが、違いました。でも、一人の男が江戸から越後の国元まで十歳の志保姫を連れ戻す、それだけの物語ではありながら、と言いますか、それだけの物語だからこそ、と言うべきなのか、「蓬莱屋帳外控」シリーズと同様に時代小説ではありながらかなり現代のハードボイルドの色を濃く残した物語になっています。

つまり、細谷正充氏がその書評の中で述べられているように、「逃走と追跡のドラマは、冒険小説の十八番」であり、本書はその醍醐味を十分に味あわせてくれます。そこは志水辰夫の小説だったのです。

冒頭からしばらくは、読者は主人公である新蔵の幼い姫を連れての行動の理由が全く分からないまま、ただ、彼らの逃避行を眺めているだけです。追跡者らの追跡の詳しい理由すらも分かりません。逃避行それ自体はそれほどに取り上げて言うべきものは無い、などと思いながら読み進めていました。いつものシミタツ節が見られないなどと思っていたものです。

それでも物語自体は、途中で拾った駕籠かきの政吉と銀治やわけありのおふさ、敵役の藤堂兄弟などの登場人物が色を添え、アクションも交え、それなりの展開を見せてはくれています。

ところが、物語も終盤に近くなってこの物語の隠された事実が次第に見え始め、それぞれの思惑が明らかにされてくると、俄然、志水辰夫の物語になります。特に、物語の終わり近く、藤堂兄弟との決着がついた後の新蔵がとある女性を掻き抱いてからの心情の吐露はシミタツ節健在でした。

志水辰夫という作家も1936年生まれだそうなので、もう80歳になるそうです。それでいて本書のようなバイタリティあふれる作品を書かれるのですから大したものです。

私たちを楽しませてくれる作品を書いて欲しいとは思いますが、かといって無理はして欲しくもなく、難しいところですね。 いずれにしろ、志水辰夫の物語が変わらずに面白いというのは嬉しい、と思わせられる作品でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR