FC2ブログ

木内 一裕 喧嘩猿

喧嘩猿喧嘩猿
(2013/07/27)
木内 一裕

商品詳細を見る

皆が知っている、いや、今は知らない人も多いかもしれない「森の石松」の、この作者なりの物語。

活字が古い漢字を使ってあり、それに丁寧にルビを振ってある。当初はそれが少々わずらわしく感じた。しかし、読み進むにつれ、邪魔な感じは無くなり、講談調を目論んだであろう著者の狙いにはまった気がする。

これまで見聞きした森の石松、黒駒の勝蔵、武居の吃安といった連中が漢(おとこ)として生き生きと活躍しているではないか。石松もまだまだ通り一遍のワルガキでしか無く、一巻で終わってしまうには惜しく、もう少し木内版石松を読んでみたい気がした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR