FC2ブログ

あさの あつこ 燦 4 炎の刃


燦シリーズの第四弾です。

「闇神波は本気で我らを根絶やしにする気だ」。刺客、暗殺、陰謀。江戸で男が次々と闇から斬りつけられる中、燦はついに争う者たちの手触りを感じ始める。一方、伊月は藩の代替わりの準備に追われるが、圭寿の亡き兄が寵愛した美しき個室・静門院が面会を求めてきて…。少年たちが苦悩する、文庫オリジナルシリーズ第四弾。(「BOOK」データベースより)

どんどん伝奇小説の雰囲気が濃くなってきています。ただ、若干物語の展開が遅くなっているように感じますが、そのような印象はどこにも書いてないので私だけの印象でしょうし、この物語の面白さが無くなってきているわけでもありません。

それどころか、雑事に忙殺される伊月ですが、物語自体は、藩主長城守が死亡したり、圭寿の兄継寿の側室である静門院が伊月に働きかけてきたりと、更に謎は深まっているのです。

この物語もやっと半分まで来ました。残り半分でどのように展開するのか、楽しみです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR