FC2ブログ

吉川 英梨 スワン 女性秘匿捜査官・原麻希


女性秘匿捜査官・原麻希シリーズの第二巻目です。

背望会テロ事件から一年。警視庁鑑識課・原麻希のもとに、公安部の広田達也から「背望会リクルーターの指紋が見つかった」という連絡が入る。捜査のため奈良県に向かったふたりだったが、そこで知事選候補者が誘拐され、身代金の運び人に麻希が指名されたという一報が。脅迫状の送り主、「スワン」の正体とは―!?大阪府警vs.警視庁の熾烈な捜査バトルが展開される、人気長編警察小説シリーズ第2弾。(「BOOK」データベースより)

前作『アゲハ』から一年が経った物語です。このシリーズの構成要素を俯瞰してみると、背望会の本当の黒幕であるリクルーターの存在を、シリーズ通しての敵役及び謎として設定してあるようです。本書のあとの作品の内容を見てもリクルーターが出てきているようなので、まず間違いは無いのでしょう。

もう一点の要素として挙げられるのが、主人公原麻希の夫と家庭の問題です。前作で悲惨な事件に巻き込まれた原麻希の娘菜月と夫の連れ子である健太、そして前作の事件のときには家にいなかった夫である原則夫との夫婦としてのあり方です。

今回、原麻希は、裏カジノで見つかったリクルーターの指紋に導かれる形で、かつての許婚の公安刑事である広田達也と共にリクルーターの影を追いかけて奈良県へと出張することになります。

ただ、リクルーターの指紋が見つかったというそのことがよく分かりません。なぜ、そのコップに残された指紋がリクルーターのものと断定できたのか説明がないのです。「上海マフィアと商談中だったリクルーター」という言葉しか見当たりません。私の見落としでしょうか。

奈良県で結果的にコンビを組むことになった奈良県警マル暴の吾川刑事と、奈良県警本部の応援要請を受けやってきた大阪府警刑事部捜査一課の嵯峨美玲警部補とが目玉ということになるのでしょうか。かれらが、リクルーターを追って奈良県南部の海天村へやってくると、そこには南条リリスという女優らがいて、新たな事件が起きる、という流れです。

その後、リクルーターによる新たな誘拐事件が起き、身代金の運び役に原麻紀が指名されたり、海天村での南条りリスを巡る事件に振りまわされたりするのですが、前作のジェットコースター感とは異なります。前作ほどの緊張感が無いのです。

ただ、本作のラストになって、我が家に戻った麻紀にリクルーターの絡んだ新たな脅威が明らかになります。ここらの話のつなぎ方は続編を読まなければならないという気にさせられました。作者の思い通りになる読者、それが私ということでした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR