FC2ブログ

中山 七里 さよならドビュッシー


16歳の遙は、祖父と従姉妹のルシアと共に火事に遭う。遙は一人生き残り、全身の皮膚を移植しなければならない大やけどを負うが、ピアニストを目指し必死に訓練に励む。しかし、身の回りで不審な事件が起き、ついには遥の母が殺されてしまうのだった。

ある少女が祖父と従姉妹と共に火事に遭いながら一人生き残り、以前からの夢だったピアニストになるため、必死に努力しコンクールに出る物語。簡単に言えばそういう物語なのだけれど、後になればこの文章はそういう意味だったのかと、隠された意図が丁寧に描写されています。伏線の張り方が実に巧妙でした。

本書の一番の特徴は、全編が音楽で満たされた作品であることでしょう。音楽をモチーフにした作品はこれまでにも何作か読んできたのですが、本作は、音楽という芸術に対する在りかたそのものについて改めて考えさせられた作品でもありました。

例えば、ピアノの演奏者の作曲者の意図の解釈についての考察です。ショパンコンクールなどの各種コンクールについてのテレビ番組などで、「演奏者の解釈」という言葉を耳にすることが少なからずありました。しかし、「演奏者の解釈」という言葉の意味そのものがよく分からなかったのです。でも、主人公のピアノの個人教師であり、本書の探偵役でもある岬洋介という人物の言葉は、妙に納得させられるものでした。個々らな実際読んだ各人が確かめてもらいたいものです。

勿論、音楽そのものについての作者の言葉での描写力の凄さを思います。音を言葉で表現することの難しさを軽く超えている、そういう印象を持たせる描写が続くのです。

また、身体障害者目線での物語、という点での驚きもあります。私個人も身体障害者手帳を持つ身ではあるものの、薬さえあれば殆ど普通人と同様の生活をおくれているので、重度の障害者の方たちと同じだなどとは思わないのですが、それでも飛んだり跳ねたりができない身であることは、なにかと負い目を感じてしまいます。

本書はそうしたハンディある身で困難に立ち向かう、ある意味スポーツ小説にも似た側面もあるのです。全身皮膚移植、という想像もできない身体で、繊細なタッチが要求されるピアノの演奏に立ち向かう主人公の内面の描写が、想像とは言え緻密に描写したあります。驚きとしか言えません。

ただ、ミステリーとしては、どうなのかという思いだけは残りました。それもありかという思いはありますが、中にはこれはいけないという人もいるのではないか、と言う危惧をも持ち得る結末なのです。でも、物語としての面白さを損なうものではないと、個人的には感じているのです。

あらためて本書を冒頭からざっと眺めますと、当たり前のことながら一行の言葉に丁寧に気をつけながら、後々に伏線となる文章をさりげなく入れてあったりします。でもそれは気のきいたミステリーはすべてにおいてそうであるため、本書だけが特別だとは言えません。しかし、伏線の張り方の巧拙はあると思われ、本書はその貼り方が巧みだとは思うのです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR