FC2ブログ

逢坂 剛 砕かれた鍵 (百舌シリーズ)


百舌の叫ぶ夜』から数えての『百舌シリーズ』の第三作目です。

警察官が関連する事件が続発した。麻薬密売を内偵中の特捜隊の警部補とその同僚の巡査部長が射殺され、麻薬吸引者の元警察官に婦人警官が刺殺された。何か巨大な陰謀が警察内部で進んでいると踏んだ警察庁特別監察官の倉木尚武は、復讐に燃える美希、探偵となった大杉らと共に、執念の捜査を開始する。そして“ペガサス”という名の謎の人物にゆき当たるが…。シリーズ第3弾。 (「BOOK」データベースより)

第二作目『幻の翼』でも思っていたのだけれど、本書に至ってテレビ版の「MOZU」と小説版とは全く異なる物語だということが明確になりました。珍しいことに、そのどちらもが面白い、というのが不思議です。

本書での倉木は明星美希と結婚をし、子供まで出来ています。しかしこの子供が先天性の難病にかかっており、物語は美希が子供の治療費、入院費の捻出に苦労している様子から始まるのですが、この子供が美希の母ともども爆弾の犠牲になってしまいます。

この物語のストーリーは複雑です。複数の話が同時に語られ、後に相互に関連してくることは分かっていても、登場人物が錯綜し、若干混乱してしまいそうになりかけました。

一つには、倉木と美希との息子に起きた事情により、美希が復讐に燃え犯人を探す流れ、もう一つは監察官である倉木の警察内部の不祥事の捜査、更には相次いで出版されている警察内部告発本出版社の、警視庁内部に通じるルートの解明に力を貸す大杉の調査、加えて更なる警察の不祥事事件と、幾本もの筋が流れているのです。

ただ、この作家の筆の力強さはそうした読者の戸惑いをも強引に引っ張っていきます。そうして、明確な物語の筋を見失いそうになりながらも読み進めていくと、幾本かの探索の流れが一つの流れに収斂していくのです。

途中、中核になる登場人物の生死不明の状態がありながらもクライマックスヘ向かってなだれ込み、そして予想外の結末を迎えます。このシリーズはこの先どう展開するんだと、人ごとながら心配にもなる展開になる驚きと共に、早くその先を読みたいという気にもなる結末でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR