FC2ブログ

辻堂 魁 秋しぐれ 風の市兵衛


風の市兵衛シリーズ第十四弾です。

廃業した元関脇がひっそりと江戸に戻ってきた。かつて土俵の鬼と呼ばれ、大関昇進を目前にした人気者だったが、やくざとの喧嘩のとばっちりで江戸払いとされたのだ。十五年後、離ればなれとなっていた妻や娘に会いに来たのだった。一方、“算盤侍”唐木市兵衛は、御徒組旗本のお勝手たてなおしを依頼された。主は借金に対して、自分の都合ばかりをくましたてるが…。 (「BOOK」データベースより)

今回のお話は、一昔前の講談話のような、市兵衛は完全に脇に回った、いつもの登場人物は市兵衛だけの、市兵衛の仲間の誰一人として登場しない物語であって、見知らぬ一人のやくざな男の物語でした。

心ならずも今回の雇い主の借金支払いの猶予申し込み、と言いますか借金縮小の交渉に赴いた市兵衛でしたが、やくざな旗本である雇い主の過去に触れることになります。

この物語を市兵衛の話としてではなく、市兵衛抜きの物語であったら、と思いながら読み進めていました。多分読まないだろう、途中で投げ出すであろうと思いつつ、であるのなら、何故市兵衛のシリーズなら読むのだろうか、という疑問も同時に抱えながらの読書でした。

というのも、本書の物語は一遍の講談話であり、物語自体は決して目新しいものでもなく、ありがちな話と言ってもいい印象なのです。それが、この作者の手にかかり、市兵衛の絡む物語として組み立てられると、とたんに面白さを感じるのですから分かりません。

ただ、本書の場合、若干市兵衛色が薄く、このシリーズの常の物語とは異なるために、先に述べたような、市兵衛の物語としての話の弱さという印象を持ち、余計なことまでも考えたのでしょう。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR