FC2ブログ

風野 真知雄 死霊大名


伊賀国でくノ一として修業を積んできた16歳の蛍という娘を主人公とする長編伝奇時代小説です。

伊賀国でくノ一として修業を積んできた16歳の蛍。千利休から戦国最大の悪漢・松永久秀を探る命を受け、父とともに旅に出る。そこで目にしたのは、「死と戯れる」秘技だった。死霊が増殖する動乱の世で、蛍は父を助けるため悲壮な闘いに挑む。前人未踏のハリウッド級エンターテインメント、ついに始動! (「文藝春秋 作品紹介」より)

これまで読んできた風野真知雄という作家の作品からはかなり異なる印象を受けた作品でした。

本書のタッチ、すなわち文章そのものや情景描写の雰囲気なども違いますし、筋立て自体も私がこれまで読んできた風野真知雄という作家の印象とは異なるのです。少なくとも、この世ならざるものの存在を認めるという点では同じでも、その扱い方が違うと感じました。

物語の内容が、一度死んだ人間が不死となり動き回るというアクション性の強い話ということもあるのでしょうが、これまでの風野真知雄という作家の、少なくとも、この世ならざるものの存在を認めるという点では同じでも、情感を含みつつもコミカルな雰囲気をも有している側面はありません。どちらかというと改行の多い会話文を多用し、読みやすさのみを追求したような印象すら受けるのです。

そして、時代小説では悪人の代表のような扱いである松永弾正が、文字通りの敵役として登場します。この弾正がゾンビの親玉としての位置にいるのでしょう。難破船よりもたらされたと思われる特別な薬により、死んでいるのに生きているという不思議な体に変身してしまいます。

ストーリー自体はまだ第一巻目なのではっきりとは判断できません。本巻ではまだまだ物語の序盤に過ぎず、登場人物の紹介及び物語の舞台背景の説明に終わっている感が多々あります。今後の展開は分かりませんが、息抜きに読むのには良いのかもしれません。

ただ、同じ息抜きならば、まだ気楽な物語がありそうにも想わせる、そんな小説でした。

風野真知雄という作家の作風は本書のような物語に変わったのでしょうか、それとも本書が特別な位置にあるのでしょうか、他のシリーズも読んでみたいと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR