FC2ブログ

米澤 穂信 インシテミル


久しぶりに読んだ本格派の長編推理小説でした。こうした頭脳ゲームを本格派と言っていいものかは分かりませんが、物語の内容は、特定の状況下で起きた事件の犯人を探偵が解き明かすという、従来の本格推理小説の王道を行く小説だ思いながら読んでいました。

時給十一万二千円というアルバイト広告に魅かれて集まった十二人。地下に設けられた「暗鬼館」というこのゲーム用の専用部屋で一週間の間、ただ何もしないでいれば千八百万円を超える金が各自に入るというのだ。しかし、設けられたルールは、自分以外の者を殺害した者は報酬が二倍、などと異常としか言いようのないもので、事実、三日目に入ると参加者の一人の射殺死体が見つかり、残された者は恐怖の時を迎えることになる。

個人的には本格派の推理小説は敬遠してきた分野の小説です。いわゆる本格派は、ある事件の起きた理由や、誰によって、どのように為されたかなどの、犯行結果に至る過程のロジックを重視しています。本格派を好むには、読者に与えられている条件のもとで、読者が探偵役になって事件を解決に導くロジックを自ら考えなければ本当には楽しめないと思っていたからです。

読書に快適なひと時を求める私にとって、推理小説の中でも複雑な論理を追いかける作業はとても快適とはいえないものでした。その結果、論理の流れにそれほどには気を配る必要もなく、人間ドラマの流れを追えば感覚的に読んだ気になる社会派と言われる作品に傾倒していったのでしょう。

本書は、特定の状況下での犯人探しという、まさに本格派の推理小説でした。でありながら、本書に関しては、昔読んだ本格派の推理小説ほどには相性の悪さは感じませんでした。それは、本書が実にゲーム性の強い構成になっていたからではないでしょうか。

そもそも、時給十一万二千円というアルバイト広告に魅かれて集まった十二人という設定自体不自然ですし、その十二人が一週間過ごすだけの地下空間を準備するというだけでもすごいことです。物語の舞台として現実性を求めるとそもそも違和感だらけです。

でも、この前提を受け入れないと本格推理小説は成り立たないし、読み手もそういうものだとして読み進めます。つまりの物語自体がゲーム性が強いものですから、それでいいのでしょう。

そういう点では本書はよく考えられています。詳しい論理は考えてもいませんが、それを抜きにしてもよくできています。人間心裡も深く考えられていると思います。自分が実際どう考えるかは分かりませんが。

そういう意味で面白く読めたのでしょうし、物語が好きな読者にもそれなりに受け入れられたのだと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR