FC2ブログ

吉川 英梨 マリア 女性秘匿捜査官・原麻希


女性秘匿捜査官・原麻希シリーズの第三巻目です。

前作『スワン』での事件により謹慎三ヶ月目の原麻希だが、原田という刑事から、とある事件の女性自殺体が他殺と思われるので確認して欲しいとの相談をうける。翌日、自宅で現場に残されたゲソ痕(足跡)の写真を見た麻希は、事件の日から今日までの都内の中・高校で体育祭か文化祭をやっているところを探せばいいとあたりをつけ、その条件に合致する私立あけぼの女学館高等学校を捜し出す。

あい変らず小気味いい言動の原麻希です。今回は、あるアパートで起きた他殺の疑いのある自殺事件を追うなかで、渋谷の私立高校で起きた事件にリクルーターが関わっている痕跡を見つけだすという大きな流れがあります。

今回は新たな登場人物として、伊達警視正という正体がよく分からない人物が原麻希の上司的立場の人間として登場しています。この人物が今後重要な役割を果たすのではないかと思わるのですが、現段階では何も分かりません。

ともあれ、友人の仁木愛香や、離婚式を挙げる横山から倉本に戻ったばかりの織江、それに麻希の元許嫁で公安二課の広田達也などの仲間と共にリクルーターを追い掛けている麻希です。その頭脳は変わらずに回転がよく、同様に体も動きます。物語もテンポよく進み実に読みやすい小説であるのはこれまでと同様です。

原麻希の娘である菜月との親子の言葉の行き違いと、事件の舞台になる高校の女子高生との対比など、物語の本筋とは異なるところでの、ちょっとした親子の問題などを垣間見せる演出も同様に小気味いいものです。

早めに、続編も読みたいと思わせてくれると同時に、この作者の他のシリーズも読んでみたいと思わせられる、上手い書き手だと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR