FC2ブログ

葉室 麟 川あかり

川あかり川あかり
(2011/01/19)
葉室 麟

商品詳細を見る

正統派の時代小説です。

藩で一番の臆病者とされる主人公が、専横を極める藩の重鎮への刺客として選ばれる。川止めに会い相手を待つ間、うさんくさい同宿の百姓や旅人達の話を聞くうちに自らの使命を明かしてしまう。そして、川止めが開け、狙いとする相手が現れた。

臆病で何の取り柄も無い若者が主人公という設定は実にありがちな設定で、読んでいくうちにあらすじが何となく見えてくるほどです。しかし、それでもあまり不快感を感じずに最後まで読み通してしまいました。

読んでいる途中は、どちらかといえば、物語の面白さというよりも、この作者はどのように決着をつけるのだろうか、という気持ちの方が強かったように思います。残念ながら藤沢周平のような余韻はありませんでした。 山本周五郎の深川安楽亭のような一場面ものかと思ったけど、そんな感動も感じられませんでした。

ただ、ベタではあっても何となくの爽やかさが残ったのは心地よく感じたものです。

直木賞受賞者ということです。力量が無い筈は無く、このほかもう少し読み続けてみようと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR