FC2ブログ

有川 浩 海の底


有川浩の初期作品、自衛隊三部作と言われるものの中の一冊です。他に、『空の中』『塩の街』という作品があります。

4月。桜祭りで開放された米軍横須賀基地。停泊中の海上自衛隊潜水艦『きりしお』の隊員が見た時、喧噪は悲鳴に変わっていた。巨大な赤い甲殻類の大群が基地を闊歩し、次々に人を「食べている!」自衛官は救出した子供たちと潜水艦へ立てこもるが、彼らはなぜか「歪んでいた」。一方、警察と自衛隊、米軍の駆け引きの中、機動隊は凄絶な戦いを強いられていく―ジャンルの垣根を飛び越えたスーパーエンタテインメント。(「BOOK」データベースより)

巨大ザリガニが横須賀の街にあらわれ、そのとき開催されていた桜祭りに集まっていた市民を襲います。ちょうど入港していた海上自衛隊潜水艦「きりしお」は、逃げてきた子供たちを艦内に避難させますが、今度は回りを巨大ザリガニに囲まれ逃げ道を失ってしまうのです。

本書は、「きりしお」艦内に取り残された夏木大和三尉と冬原春臣三尉の庇護のもとにある十三人の子供社会を中心にした話と、艦外の後に「レガリス」と呼ばれることになる巨大ザリガニ撃滅戦の描写とに二分されます。

「きりしお」内部での子供社会では、子供たちの中でのヒエラルキーがあり、なかなかに一筋縄ではいきません。そのヒエラルキーは彼らの親社会の鏡であり、結局は子供たちを見守っていた筈の親の問題が反映されているのです。そうした子供社会と二人の自衛官との関係性は、コミカルでもあり、現実の子供対大人のミニ社会でもあって、なかなかに考えさせられる側面をも有しています。

匿われていた子供たちの中に一人の女子高校生がいて、彼女の存在がこの物語に大きな幅を持たせています。それは、男子社会の中にいる女性問題をそのまま象徴するようでもあり、本書の主人公の一人でもある夏木三尉との恋模様の側面をも見せてくれるのです。

人間を捕食するレガリスせん滅の前線には神奈川県警の機動隊が当たるのですが、人間大もあるレガリスは甲殻類であり、けん銃の弾すらはじいてしまいます。勢い、武器をもたない機動隊はジュラルミンの盾を武器にしての肉弾戦しか撃退の術を持ちません。そこで、自衛隊の参戦を望むのですが、警察の縄張り意識や米軍の絡んだ大人の思惑などに阻まれ上手くいきません。

そこで、警察内部でも型破りと言われる神奈川県警警備部警備課所属の明石亨やキャリアの警察庁警備部参事官烏丸俊哉などが活躍し、レガリスを排除しながらも、重火器の行使が可能な自衛隊を引っ張り出そうと仕掛けるのです。

有川浩という作家の作品ではいつも思うことですが、この警察内部の描写など細かな点での描写が実に丁寧で、物語そのものの真実味が増してくるのです。それは、武器そのものの描写のような物理的な側面は勿論のこと、本書では警察や自衛隊などの組織論についても同様なのです。

有川浩のその後の作品の特徴を満載した、実に読みやすい一冊として仕上がっていて、初期三部作の中では一番完成度が高い作品だと感じました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR