FC2ブログ

辻堂 魁 うつけ者の値打ち 風の市兵衛


風の市兵衛シリーズ第十五弾です。

算盤侍唐木市兵衛を、北町同心の渋井鬼三次が手下とともに訪ねてきた。岡場所を巡る諍いを仲裁してくれという。見世に出向いた市兵衛の交渉はこじれ、用心棒の藪下三十郎と刃を交えるが、互いの剣に魅かれたふたりは親交を深めていく。三十郎は愚直に家族を守る男だった。だが、愚直ゆえに過去の罪を一人で背負い込んでいる姿を、市兵衛は心配し…。 (「BOOK」データベースより)

前作の『秋しぐれ』は、どこか講談話の趣きを持った物語でしたが、本書もまた講談話の香りを濃密に持っています。

話の中心となる藪下三十郎は家族のためにと一人出奔するのですが、それは彼一人に罪をなすりつけ、自分たちは素知らぬふりでいようとする悪い上司たちの思惑通りの振舞いにほかなりませんでした、という、如何にもよくあるあらすじです。

しかしながら、ありふれた筋立てであるはずの物語が、細かな状況設定や人情豊かに描かれる描写で、ありふれた物語以上の情感に満ちた人情ものに仕上がるのですから、この作者の筆力には恐れ入るばかりです。

若干、市兵衛の剣の冴えが光るほどに、あまりにスーパーマンすぎるその強さが目立ち過ぎると思わないでもありませんが、そこは痛快時代小説の醍醐味として目をつむるべきところなのでしょう。

ともあれ、痛快時代小説の王道を行く、今のっている物語であることには間違いなく、続刊を待つばかりです。

ちなみに、本稿は私のミスで、前巻の内容を記した下書きのメモをそのまま再度記載しておりました。ここに訂正いたします。失礼しました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR