FC2ブログ

夢枕 獏 ヤマンタカ 大菩薩峠血風録


久しぶりの夢枕獏の作品を読みました。この作家には珍しく剣豪小説です。それも、時代小説の中でも異彩をはなつ中里介山著の『大菩薩峠』を再構成し、机竜之介と新選組の土方歳三を絡ませた物語です。

四年に一度開かれる御岳の社での奉納試合。「音無しの構え」で知られる剣客・机竜之助や甲源一刀流の師範・宇津木文之丞ら、実力者たちが御岳山に集う。土方歳三はこれに出場するため天然理心流に入門し、自分の強さを見極めようとする。真剣で生命を賭ける男たち。彼らは善も悪もない、ヤマンタカ(閻魔大王をも殺す最凶の菩薩)の世界を生きている―。死闘のゆくえは。そして、互いの因縁が明らかになったとき、彼らがたどる数奇な運命とは…。(「BOOK」データベースより)

夢枕獏の時代小説としては『陰陽師シリーズ』を別とすれば『大帝の剣』しか思い浮かびませんでしたが、ちょっと調べてみると『大江戸釣客伝』など結構ありました。他にも短編小説にもあるかもしれませんし、『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』などの空海を描いた作品も時代小説と分類されるのでしょう。

しかし、いわゆる「侍」の物語として見るとき、『大帝の剣』の他には本書『ヤマンタカ』しかないような気がします。これも、近年の夢枕獏作品はあまり読んでいないので私が知らないだけなのかもしれません。

ところで本書ですが、中里介山が著わした全41巻もある未完の大河小説『大菩薩峠』の、その第一巻目で描かれている御嶽神社の奉納試合までを、夢枕獏式に再構築してより活劇小説としての面白さを増幅させた物語です。

その作品を『餓狼伝シリーズ』や『サイコダイバー・シリーズ』などの夢枕獏が描きなおすのですから期待は高まります。もともと『大菩薩峠』に新選組が絡んでくることも知らなかったのですが、本書では、もともと脇役でしかなかった土方歳三をメインに、巽十三郎という多分ですが新キャラクターと思われる人物を加え、本来のキャストである机龍之介と宇津木文之丞との奉納試合までの関係を描きます。

そこに、やはり『大菩薩峠』本来の登場人物である七兵衛という盗賊や、色気担当のお浜という女、それに近藤勇や沖田総司などの新選組のおなじみのメンツまで絡み一大アクション小説が展開するのです。

ですが、描くのが夢枕獏という実に個性のはっきりとした作者の作品ですから、いわゆる剣豪ものの時代小説とは異なります。これまでの夢枕獏の『餓狼伝』や『獅子の門』という格闘技ものの延長上にある作品として仕上がっています。つまりは、夢枕獏の描く剣戟の場面が、これまでの彼が描いてきた肉体の衝突である格闘場面の延長上にあるのです。

確かに、机龍之介の秘剣である「音なしの構え」についての新解釈など、独特の解釈はあります。ですが、御嶽神社での奉納試合を待つまでもなく、奉納試合に至る前に描かれる個々の立ち合いの場面など、結局はサイコダイバーの九門鳳介や餓狼伝の丹波文七などの闘いを見ているようでもあるのです。

そういえば、机龍之介をも含めた本書の登場人物は、『サイコダイバー・シリーズ』や『餓狼伝シリーズ』の登場人物にあてはめてみることもそう難しいことではない気もします。それほどに夢枕獏の物語なのです。

ちなみに本書の書名になっている「ヤマンタカ」とは、チベットでは文殊菩薩の化身のことを言うとされ、本来は仏教の憤怒尊のことを言うと、本書の冒頭に書いてありました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR