FC2ブログ

葉室 麟 潮鳴り


襤褸蔵とまで呼ばれるほどに堕ちた一人の男の再生の姿を描いた長編時代小説で、葉室麟が直木賞を受賞した『蜩の記』と同じ羽根藩を舞台にした、羽根藩シリーズの第二弾です。

俊英と謳われた豊後羽根藩の伊吹櫂蔵は、役目をしくじりお役御免、いまや“襤褸蔵”と呼ばれる無頼暮らし。ある日、家督を譲った弟が切腹。遺書から借銀を巡る藩の裏切りが原因と知る。弟を救えなかった櫂蔵は、死の際まで己を苛む。直後、なぜか藩から出仕を促された櫂蔵は、弟の無念を晴らすべく城に上がるが…。“再起”を描く、『蜩ノ記』に続く羽根藩シリーズ第二弾!(「BOOK」データベースより)

一編の時代小説として、面白くないことはない、というほどの物語でした。というのも、あの『蜩の記』の続編という期待を持って読んだため、私の中でハードルが最高に上がっていたからそう感じたと思われます。しかし、そうした高いハードルではなかったとしても、多分高得点はつかなかった物語だったと思います。

伊吹櫂蔵という文武に秀でた男が、ある失敗のためにお役御免となり、酒におぼれる日々となります。代わりに家督を継いだ義弟が出世の道をひた走っていると思っていたところ、腹を切ったという知らせが届くのです。残された遺書により、義弟の死に隠された真実を知った伊吹は、再度仕官の機会を得たことから義弟の死に隠された秘密を明らかにするのですが、その設定自体が安易さしか感じませんでした。

つまり、後にその経歴が生きてくる、江戸の呉服問屋三井越後屋の大番頭であったという過去を持つ咲庵(しょあん)という俳諧師と偶然にも酒の仲間になっていたり、彼ら二人が会う飲み屋の女のお芳が、敵役の井形清四郎から捨てられた女であったことなど、偶然が重なり過ぎて舞台設定が安易に思えるのです。

また、物語の必然として、伊吹櫂蔵は恥辱に耐え抜き、再仕官の話をきっかけに再起を図るのですが、その際の話の進み方も都合が良すぎるとしか思えませんでした。

勿論、葉室麟の作品ですから一応の物語として仕上がっていると思います。しかしながら、『蜩の記』と比べても仕方がないことだとは思いますが、『蜩の記』のときの清廉なまでの、張りつめた緊張感を持った文章の美しさ、心打たれる情景の描写など、本書ではほとんどみられません。通常の痛快エンターテインメント小説と同列であり、物語に高潔は侍のあり方を見つめる趣きなど求めてはいけないのだと言わんばかりです。

ただひたすらに残念な物語でした。

巻末に、解説文を朝井まかて氏が書いておられます。「再生の物語にして青春の文学」と題されたこの一文は、本書を「他者の失われた人生を取り戻す『再生の物語』であり『青春の文学』」だと評しておられます。また、「そして羽根藩の海沿いの風景、山々、季節の巡りの描写が、物語のリアリティを深める。そこに吹く風が見え、寄せては返す波音、人生の潮鳴りが聞こえる。」とも書かれています。この評価には首をかしげざるを得ません。

このシリーズにはまだ続編があるそうです。葉室麟という作者の力量はこんなものではない筈だという期待から続いて読みたいと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR