FC2ブログ

有川 浩 図書館危機 図書館戦争シリーズ (3)


思いもよらぬ形で憧れの“王子様”の正体を知ってしまった郁は完全にぎこちない態度。そんな中、ある人気俳優のインタビューが、図書隊そして世間を巻き込む大問題に発展。加えて、地方の美術展で最優秀作品となった“自由”をテーマにした絵画が検閲・没収の危機に。郁の所属する特殊部隊も警護作戦に参加することになったが!?表現の自由をめぐる攻防がますますヒートアップ、ついでも恋も…!?危機また危機のシリーズ第3弾。(「BOOK」データベースより)

全部で四つの章からなり立っていますが、第三章までは、それぞれに独立した章として読むことができるように思えます。そして、第二章まではこのシリーズのラブコメとしての側面が強調された甘々の物語です。

読みごたえを感じたのは第三章からで、まずは第三章で「床屋」という言葉が違反語であり「検閲」の対象となるということから起きる一つの事件が描かれています。

「検閲」という言葉狩りの持つ意味、その理不尽さをうまいこと描いたものだと関心していましたが、本書の著者自らが書いているあとがきを読むと、現実の話として、著者が持っている「放送禁止用語(差別用語)」の資料を知り合いに見せたところ、「失礼やな、何でうちの実家の職業が勝手に軽度の放送禁止用語にされてんねん」と苦笑されたことがあったそうです。

そうした、知り合いのちょっとした感想をヒントにこのような物語を仕上げる作者の想像力や物語の構成力こそ称賛されるべきものなのでしょう。

その上で、本書の第三章では「床屋」という「差別語」をめぐりある意味では心地よい物語として仕上げられているのです。そこには、現実の社会では「公共の福祉」「公序良俗」というある意味曖昧な文言が基準となるがゆえに、そのベクトルは表現者の自主規制へと向かわざるを得ないという現実があるのですが、本書の場合「良化委員会」という明確な基準があるだけ闘いやすいとも思われ、物語は心地よい結末が待っているのです。

問題は本書の第四章で語られる茨城県立図書館での戦いで、そこには討論のテーマとなるであろう様な事柄がちりばめられていました。

まず図書隊の面前にあらわれるのは「無抵抗者の会」という団体です。この団体は実に象徴的であり、現実の脅威に対して武力で抵抗すること自体が事態を無用に拡大していると主張する団体です。彼等は話し合いで解決できるのであり、自らが武力を放棄することこそが平和的話し合いの道だと主張します。

どこかで聞いたような主張で、この主張を論外として切り捨てることができないところが悩ましいのです。

その先には美術県展の最優秀作品である『自由』と名付けられたコラージュ作品の問題があります。良化特務機関の斬り裂かれた制服の間から青空がのぞくという強烈な作品の展示です。良化委員会の妨害は目に見えており、そこに図書特殊部隊が応援に行くことになります。

そこで待っていたのは図書館自体の強烈な自主規制であり、「表現の自由」への制約が持ついわゆる萎縮的効果が典型的に現れています。また、稲峯司令の「検閲を戦うために血を流す組織を作り上げ」たことへの内省自体、一言では語りきれない重みを持ちます。

こうした数多くの論点を含む本書ですが、そうしたこととは関係なく、エンターテインメント小説としての面白さを兼ね備えているのですから見事です。シリーズも残り一作、プラス別冊二巻があるそうなので続けて読みたいと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR