FC2ブログ

今野 敏 マル暴総監


マル暴甘糟』を第一作とする、マル暴甘糟シリーズの第二作目となる長編の警察小説です。

甘糟の相棒である傍若無人な先輩郡原から言われて、チンピラのにらみ合いの現場に行ってみると、多嘉原連合組員である唐津晃と、阿岐本組代貸の日村誠司が見物していた。二人組のほうが多嘉原連合の準構成員だという。そこに白いスーツの男が現れ、この喧嘩を買うと言い始めた。甘糟が乗り出すと、メンツだけでにらみ合っていたチンピラ達は皆消えてしまう。
 その後にらみ合っていたチンピラの一人が殺されるという事件が起き、容疑者として浮かんできたのが白いスーツの男だった。

今野敏の『任侠シリーズ』から派生したと言われる『マル暴甘糟』ですが、その続編が出ました。

今回は新しい、そして強烈なキャラクターが登場します。それが警視総監であり、暴れん坊将軍を気取って巷でチンピラ達を懲らしめて悦に入っているという、このシリーズらしいキャラクターです。

その暴れん坊将軍気取りの警視総監、略してマル暴総監が、甘糟も参加する捜査本部にことあるごとに顔を見せるという珍しい事態が起きます。

本来マル暴である甘糟は捜査本部には加わりませんが、殺されたのが甘糟も知っているチンピラだということで駆り出されたのですが、そこにあらわれた警視総監こそがチンピラのにらみ合いの現場に来て捜査本部でも重要参考人と目されている白スーツの男だったのです。

警視総監こそが白スーツの男だということを知っているのは甘糟だけであり、そのことを口止めされた甘糟は困り果てます。

その甘糟は、多嘉原連合や阿岐本組の組事務所に足繁く通い情報を仕入れ、パチンコ三昧の郡原に報告します。報告を聞いた郡原はさすがにその情報を生かす力は伊達ではなく、甘糟に新たな指示を出すのです。

そうした中、捜査本部はさらに白いスーツの男の探索を推し進め、甘糟を更に困惑させるのです。

ミステリーとしての出来は多分それほど評価を受けるものではないのでしょうが、クライマックスに近づくにつれて郡原の意外な側面を見せてくるなど、さすがに今野敏と思わせてくれる楽しめる物語としての仕上がりでした。

本書は、今野敏一流のユーモアミステリーであり、あの『任侠シリーズ』から派生したシリーズです。ということで、本書には『任侠シリーズ』の「阿岐本組」も登場します。話の本筋にはそれほど絡んでは来ないのですが代貸の日村誠司も存在感を表しています。

本書は主人公の甘糟というキャラクターの面白さに加え、郡原というマル暴らしい刑事の存在感が良いのですが、本書ではそれに加え更にマル暴総監と呼ばれる栄田警視総監まで加わることになりました。今後の展開が楽しみです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR