FC2ブログ

富樫 倫太郎 生活安全課0係 ヘッドゲーム


『生活安全課0係 ファイヤーボール』を一作目とする生活安全課0係シリーズの二作目です。

杉並中央署生活安全課「何でも相談室」、通称0係に娘の死の真相を調べて欲しいという相談が持ち込まれる。今年だけで名門高校の女子生徒が二人、飛び降り自殺をしているのだ。0係の変人キャリア警部・小早川冬彦は相棒の万年巡査長・寺田高虎と高校を訪れるが、そのとき三人目の犠牲者が…。KY(空気が読めない)刑事が鋭い観察眼で人を見抜くシリーズ第二弾! (「BOOK」データベースより)

小早川冬彦警部は、前作同様、というより当然の話ですが、あいかわらずに空気を読めず、寺田高虎巡査長の神経を逆なでしながら勤務に励んでいます。

高円寺学園高校で、今年に入ってから二人がマンションの屋上から飛び降りて自殺するのですが、学校はもちろん、警察も何らの対応を取りません。そこで、自殺した生徒の母親が杉並中央署に調査を願い大声を出しているのですが、そのことをきっかけにして、例のごとく小早川警部がその事実に事件性を見出すという導入です。

案の定、早速高円寺学園高校に行ってみると、更にもう一人飛び降り自殺者が出ているといいます。調べていくと、三人に共通する事柄が見えてくるのでした。

このような事実が出ても、学校側は何の対応をとることもないため、小早川警部は幾度となく学校に顔を見せることになります。学校側は当然これを嫌うのですが、寺田高虎巡査長でさえも、いつもの通りに小早川の早とちりだとして小早川の見解に与しません。

ついに、問題の高校の校長や教頭は警察上層部に苦情を申し立て、小早川らは当該高校への立ち入りを禁じられてしまいます。

そんな中、この高校の副理事長が胡散臭い人物として浮かび上がるのですが、その前にこの副理事長の妹が立ちふさがるのです。

それなりに軽く読めて面白い物語であることは否定できません。しかし、何故かこれらの事実から事件性を見出すのは小早川警部だけなのです。

どうみても、ベテランである寺田巡査長でなくても連続自殺について何らかの疑問を抱いてしかるべきだと思うのですが、小早川警部だけが事件性に気づくというのは無理があると感じます。

物語の設定上、小早川警部だけが頭脳明晰であり、確率上からも疑問を抱くという流れは分からないではありませんが、少々周りの人間の能力が無さ過ぎるのです。もう少し小早川警部の特異性を自然に描いてくれれば、と思ってしまいます。

それでも、コメディタッチの本書ですので、あまり整合性を求め過ぎてもとは思うのですが、好みの問題ですので仕方がありません。物語の世界観として納得できるものが欲しい、ということだけなのです。

そうは言いながら、たぶんこの作家の作品をぼちぼちと読み進めることになると思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR