FC2ブログ

葉室 麟 あおなり道場始末


葉室麟のいつもの雰囲気とは異なる、めずらしく軽妙な物語らしいので読んでみました。

豊後、坪内藩の城下町にある青鳴道場。神妙活殺流の遣い手だった先代の死から早一年、道場は存亡の危機にあった。跡を継いだ長男の青鳴権平はまだ二十歳と若く、その昼行燈ぶりから、ついには門人が一人もいなくなってしまったのである。米櫃も底をついたある日、「鬼姫」と巷で呼ばれる妹の千草や、神童の誉れ高い弟の勘六に尻を叩かれた権平がようやく重い腰を上げる。「父の仇を捜すために道場破りをいたす」。酔って神社の石段で足を滑らせて亡くなったとされる先代の死には不審な点があり、直前には五つの流派の道場主たちと酒席を共にしていた。三人は、道場再興と父の汚名を雪ぐため、まずはその一つ、新当流の柿崎道場に乗りこむ―。(「BOOK」データベースより)

結論から言うと私の好みとは少々異なる物語でした。

私が読んだ葉室麟の作品の中でコミカルなタッチの作品といえば『川あかり』があったと思います。他には思いつきません。この作品は藩で一番の臆病者と言われているにもかかわらず、家老の暗殺を命じられた伊東七十郎という若者が、川止めで足止めされた宿で様々な人との触れ合い、成長する物語でした。

さわやかな読後感を覚えた『川あかり』という作品とは異なり、本書『あおなり道場始末』にはそうした印象はありませんでした。普通の痛快時代小説としての面白さは、あります。でも、私にとってはそれだけであり、それ以上のものではありませんでした。

しかし、ネット上のレビューを見ると、読みやすく、感動したなどと高く評価している声が多数ありました。やはり、個人の感想は人それぞれだと、あらためて感じさせられて作品でもあります。

先代の死から一年が立ち、弟子もいなくなり、米櫃も空になろうかというころ、主人公の青鳴三兄弟は道場破りをすることにします。長男の青鳴権平は二十歳と若いもののかなりの剣の使い手であり、弟の勘六は神童と呼ばれ、妹の千夏は「鬼姫」と呼ばれているほどの達者であり、三人で城下の五つの道場を回りながら、併せて父の死の疑念をもとこうとの思惑でした。

ところが、権平の神妙活殺流の秘剣は三本に一本しか決まらない、というのです。とはいえ、何とかしのぎながら道場を巡っていく三人で、そのうちに父の死をめぐる隠された謎が浮かび上がってくるのです。

この物語の枠組み自体は面白そうだし、登場人物も少なくとも主人公兄弟に関してはキャラクターも立っていて、読み始め当初は面白くなりそうな物語だという印象でした。

しかし、権平の秘剣が三本に一本しか決まらないという話も、わざわざその設定にすることで生きてきた場面がありませんし、更には、結局は青鳴道場と他の五つの道場との間でのみ交わされる闘いであり、その闘いですらも闘いの意味が今ひとつはっきりとしないのです。

正確には最終的に父の死にまつわる謎と共に他の道場との絡みの意味も明らかにはされるのですが、小気味よく割り切れたというわけにはいきません。あいかわらずに欲求不満が残ります。

葉室麟という作家の上手さは、武家社会の中という制約の中で必死に生きる侍や女たちを、その心情を静謐な文章で描きながら明らかにしていく、というところにその本領を発揮するようです。本書のように、軽妙なタッチの作品は決してうまいとは言えません。

とはいえ、先にも書いたように、本書を高く評価する意見が多い以上、この文章も私の個人的不満を述べたにすぎない、ということになりそうです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR