FC2ブログ

朝井 まかて 残り者


時は幕末、徳川家に江戸城の明け渡しが命じられる。官軍の襲来を恐れ、女中たちが我先にと脱出を試みるなか、大奥にとどまった「残り者」がいた。彼女らはなにを目論んでいるのか。それぞれの胸のうちを明かした五人が起こした思いがけない行動とは―!? (「BOOK」データベースより)

もしかすると、朝井まかての作品の中で一番私の好みにあっている作品かもしれません。直木賞を受賞した『恋歌』も素晴らしい作品でしたが、本書の持つ空気感とでも言うべきもの、本書の醸し出す雰囲気、趣きが、私の琴線に合致したようです。

それは本書が浅田次郎の『黒書院の六兵衛』の舞台設定が似ている、というとこから来ているものなのかもしれませんが、多分そうではなく、言ってみれば浅田次郎の作品に感じられる人間のこころのありようの一致であり、人情話の根底に流れる他者に対して示される信頼と同質のものがあるから、と言っていいのだろうと思います。

りつという奥女中の視点で語られる本書の文章は、漢字、そしてルビが多用され、大奥の様式美を体現したかのような表現になっていて、読者は、知らずの内に荘厳な雰囲気の中に放り込まれています。そんな語りでありながら、登場人物の描写になるとその人物の心象をたたみ掛けるように描いてあり、いつしか心の裡に染み入ってくるのです。

物語は江戸城明け渡しの前夜の大奥での出来事を描いた作品です。浅田次郎の『黒書院の六兵衛』を思い起こさせる内容ですが、こちらは大奥での五人の奥女中らの振舞いを描き出してあります。

天璋院付の呉服之間で勤めている奥女中のりつは、江戸城明け渡しに際し、天璋院の「ゆるゆると、急げ」との言葉を気にしながらも、自分の職場である呉服之間での後始末の見落としが無かった気になり、皆とは反対に呉服之間へと向かうのでした。

すると大奥には天璋院の飼いネコ「サト姫」を探す御膳所の御仲居のお蛸がいて、更には御三之間のちかがおり、そして天璋院の御部屋、すなわち新御殿の御下段之間には御中﨟のふきと和宮方の呉服之間のもみぢとがいたのです。

大奥の描写の美しさ、お針子や賄いなどの職種の解説など、それは丁寧に描写してあり、いつものことではあるのですが、よく調べてあると言うしかありません。巻末の参考文献も十四冊をかぞえています。

この五人は最後の夜を江戸城内で過ごすことになるのですが、その折の五人それぞれの行いがまた、コミカルでもあり、実に読みやすい物語であるとともに、五人がそれぞれの理由で江戸城に残ったものの、互いに疑心を抱きつつ次第に心を通わせていく様は、かなりの読みごたえを感じたものです。

市井の無名の人々とも若干異なる、歴史の表には決して出てくることの無い、大奥に住まう様々な役目の女たちの生き方さえをも明らかにしてあり、初めての視点でもありました。

朝井まかてという作家は、今後もずっと追いかけちきたい作家の一人であることには間違いなさそうです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR