FC2ブログ

葉室 麟 銀漢の賦

銀漢の賦 (文春文庫)銀漢の賦 (文春文庫)
(2010/02/10)
葉室 麟

商品詳細を見る

先日読んだ「川あかり」に比べると、こちらの方が数段練れた作品だと思う。

主人公は日下部源五、松浦将監という二人武士、それに百姓である十蔵も加えて良さそうだ。

この3人の現在と少年期、青年期とが交互に描かれる。読み進むにつれ3人の現況とそこに至るまでの秘密が明かされていくのだけど、その構成が読み手を引きつける。

この作品を読む限りでは、前に藤沢周平の余韻は無いと書いたが、逆に藤沢周平のタッチを思い出してしまった。この作品の方が川あかりよりも前に書かれた筈なのだけれど、こちらが落ち着いて感じられるのは私だけだろうか。

登場人物の心理も、情景の描写も丁寧に描かれており、久しぶりに本格的な時代小説作家の登場という気がする。作者は私と同世代らしい。その博識さ、描写力の優しさ見事さ、頭が下がるばかりです。

楽しみが増えた。また次々とこの作家の作品を読むことになるのは目に見えている。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR