FC2ブログ

三上 延 ビブリア古書堂の事件手帖 3


「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズの第三作目です。

鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂は、その佇まいに似合わず様々な客が訪れる。すっかり常連の賑やかなあの人や、困惑するような珍客も。人々は懐かしい本に想いを込める。それらは予期せぬ人と人の絆を表出させることも。美しき女店主は頁をめくるように、古書に秘められたその「言葉」を読みとっていく。彼女と無骨な青年店員が、その妙なる絆を目の当たりにしたとき思うのは?絆はとても近いところにもあるのかもしれない―。これは“古書と絆”の物語。

あいも変わらずの書物への愛情を感じさせてくれる一冊です。

本書の簡単な構成は、

プロローグ 『王さまのみみはロバのみみ』(ポプラ社)I
第一話 ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』(集英社文庫)
第二話 『タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの』
第三話 宮澤賢治『春と修羅』(關根書店)
エピローグ 『王さまのみみはロバのみみ』(ポプラ社)II

となっています。

本書では、特に篠川栞子さんの失踪している母親篠川智恵子さんの隠された秘密が少しづつ明らかにされていきます。というよりも母親に関する謎がより深まったというほうが正確であり、このシリーズを貫いている大きな謎として徹底されている、というべきなのでしょう。

そして、各話で紹介される古書にまつわる知識と、その知識を前提として提示される謎や秘密についつい引き込まれてしまいます。

また、「ヒトリ書房」の井上太一郎や、「滝野ブックス」の滝野蓮杖などという、栞子さんの母親を知る新たな登場人物が現れたりと、一段と物語に引き込まれる仕掛けがうまいこと施されているのです。

第一話の『たんぽぽ娘』は、古本業者の古本交換会に出かけた折の『たんぽぽ娘』という書物の盗難事件で、栞子さんが盗ったと決めつける井上太一郎との話なのですが、この井上太一郎という人物や、この物語に登場する滝野蓮杖という男などが栞子さんの母親をよく知る人物であり、このあとの物語の展開にも深くかかわってくる事実などが彼らからもたらされたりもします。

また、それぞれの短編で取り上げられている古書に関しての挿話も相変わらず小気味よく、それぞれの家族にある家族間の不和をなんとなく解決したりもします。

本の話で言うと、第三話に出てくる宮澤賢治の『春と修羅』だけが聞いたことがある作品でした。この『春と修羅』については、私は「俺は一人の修羅なのだ」という一文を有する、一編の詩のタイトルとしての「春と修羅」と、詩集『春と修羅』と混同しているところがあったようです。でも、よく思い返してみると、妹との別れを詠った「永訣の朝」という作品も『春と修羅』という詩集の中の作品であったのでした。

第一話に出てくる『たんぽぽ娘』は栞子さんの両親の間でも愛読書であったようであり、第二話でも「タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいな」本を探し当てることで、第一巻にも登場した坂口しのぶの家族間の対話が復活したりもするのです。

第三話では、再び篠川智恵子さんの影がちらつく物語です。盗まれた宮沢賢治の『春と修羅』という本を取り戻して欲しいという依頼に対し、二冊購入されていた『春と修羅』の初版本の意味を探り当て、更に盗んだ犯人をも探り当てる栞子さんでした。

シリーズを読み進むにつれ、どんどん面白くなってきています。全部で七巻だそうなので、最後まで読んでみたいと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR