FC2ブログ

深町 秋生 卑怯者の流儀


警視庁組対四課の刑事である米沢英利という中年刑事を主人公とするハードボイルドミステリーで、第19回大藪春彦賞の候補作になった作品です。

「野良犬たちの嗜み」
仁盛会若頭補佐の浦部恭一から、自分が経営する韓国人クラブのホステス行く絵不明になり探して欲しいと頼まれた。調べると、浦部の近いところにいるものが拉致したらしいのだ。
「悪党の段取り」
薬物の捜査係のエースである組織犯罪対策課第五課の出渕正義警部が、女とベッドにいるところを写真に撮られたと泣きついてきた。エースに恩を売るチャンスだと、米沢は無料でその頼みを惹きうけるのだった。
「はぐれ者たちの成熟」
米沢とその上司である大関芳子警視とは、かつての新宿署で、今は組織犯罪対策課という、当時の刑事課四係で一緒だった。昔その大関と共に逮捕したことのあるチンピラのチンスケが出所してすぐに襲われたという事件が起きた。
「秘めたる者らの殺気」
赤坂の老舗和菓子屋の若旦那が美人局にあっているところを助けた数日後、美人局をしかけていたチンピラが殺されるという事件が発生した。
「策略家の踊り」
警視庁警務部人事一課監察係佐竹巡査部長 知らないうちに米沢の口座に百万の振り込みがあり、また自分の部屋の天井裏にはけん銃が隠してあった。月岡早苗を名乗る女からの依頼で悪徳探偵社が動いていたのだった。
「生き残りの騙り」
自分をはめようとしている月岡早苗という女は、かつて当時の荒生組組長高埜喜一逮捕に協力してくれた女で、すでに死んでいるのだ。宮沢は事件の裏を調べ始めるのだった。

本書は警視庁組対四課の米沢英利というベテラン刑事を主人公とした、コミカルに味付けしてある、いわゆる悪徳警官ものの警察小説です。

ハードボイルドではあるのですが、主人公が冴えない中年刑事であり、決して颯爽とした格好良さはありません。彼は裏社会に幅広いつてを持ち、彼らのトラブル解決の頼みをも金で引き受ける、典型的な悪徳警官なのです。

第二話で、ヤクザの内部にまで調査の手を伸ばすときなども、関東の広域暴力団の印旛会の大物組長である濱田年次など、裏の世界の大物とつながっていることからこの世界で生きていけるという米沢なのです。

しかしながら、かつてはそうではない、情熱に満ちた警官であったようで、その片鱗が少しずつ明らかになっていき、この程度はネタバレにもならないでしょうから書きますが、最後の二話で米沢の過去が明らかになります。

主人公の米沢の存在感があるのはもちろんですが、脇を固めるキャラクターがまた良いのです。米沢英利のかつての部下で現在の上司である、組織犯罪対策課第四課女性管理官の大関芳子警視は、女子プロレスラーも顔負けの体格を有しています。また、米沢の天敵であるのが人事一課の奈良本京香監察官で、いつか米沢を挙げようと狙っているのです。

米沢が苦手とする上司達が共に女性というのも面白く、特に大関警視とのやり取りはコメディとしか言いようがありません。それはまた奈良本監察官との間でも似たような感じではありますが、大関警視とのやり取りは別格です。

このごろのこの作者、深町秋生の作品は先日読んだ『探偵は女手ひとつ』といい、本書といい、実に面白く、エンターテインメント小説として読み応えのある作品が多い気がします。

人情面での優しささえも垣間見せる米沢を主人公とする本書は、新たなヒーローとして続編を期待したい作品でした。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR