FC2ブログ

中山 七里 連続殺人鬼カエル男


さよならドビュッシー』で第8回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞を受賞した作者が、もう一点エントリーしていた作品が「災厄の季節」というタイトルだった本書です。

商業的に幅広い指示を受けるのは「バイバイ、ドビュッシー」だということで「バイバイ、ドビュッシー」(改題 : 『さよならドビュッシー』)が大賞受賞作品になりましたが、完成度は共に高いとの評価を受け、本書までも出版されることになったそうです。以上は本書の解説で書評家の茶木則雄氏が書いておられたことです。

口にフックをかけられ、マンションの13階からぶら下げられた女性の全裸死体。傍らには子供が書いたような稚拙な犯行声明文。街を恐怖と混乱の渦に陥れる殺人鬼「カエル男」による最初の犯行だった。警察の捜査が進展しないなか、第二、第三と殺人事件が発生し、街中はパニックに…。無秩序に猟奇的な殺人を続けるカエル男の目的とは?正体とは?警察は犯人をとめることができるのか。(「BOOK」データベースより)

『さよならドビュッシー』を読んで、クラシック音楽の描写の凄さに驚いていた私でしたが、本書はまた全く印象の異なる小説でした。ミステリーとしての意表を突くストーリーに驚かされたのもそうなのですが、殺害の描写がグロテスクという他ないのです。

最初の被害者はほとんど住人のいないマンションに顎からフックを掛けられてつるされていました。次は廃車になった車のトランクに入れられた死体ごとプレス機に掛けられます。三人目は解体と、その残虐性はとどまるところを知りません。

本書の中でも捜査官の一人である埼玉県警の捜査一課の古手川和也という刑事が心身ともに傷を負い、有動さゆりというピアノ教師のピアノに心を洗われる場面があるのですが、確かにその場面は『さよならドビュッシー』の「岬洋介シリーズ」の描写を彷彿とさせるものがありました。

また、物語の構成にしても読者をミスリードする手法は見事ですし、その先にあるどんでん返しに驚かされる点もうまいものです。

しかしながら、先にも書いた本書で描写される殺害場面のグロさ、残虐さは、誉田哲也の『ブルーマーダー』などの『姫川玲子シリーズ』にも引けを取りません。とてものことではないのですが、あのクラシック音楽を言葉で伝える際の美しさはどこへ行ったのかと思います。

このグロさを受け入れがたい人はいるかもしれませんが、タッチのグロさは物語の多様さでもあり、私としては、決して好みではないものの、物語として面白い作品として成立していれば何も言うことはありません。そして、本書は面白いと感じたのです。

ただ、若干リアリティーを欠くと思う個所は何箇所かありました。最大の問題は、本書の殺人犯に対する恐怖から市民が過剰反応を起こすという場面です。市民個人が個々の場面で感情的ににあるというのであればまだ良いのですが、本書のような反応は少々行きすぎでしょう。

また、古手川和也の超人的な体力もまた少々引きました。たたみかけられる暴力にあそこまで耐えるというのは私の中ではありえないことでした。

とはいえ、そうした様々な場面での過剰性を差し引いても、全体として面白い物語として読み終えています。この作者のストーリー構成の面白さはやはり目を離せないと、あらためて思いました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR