FC2ブログ

三上 延 ビブリア古書堂の事件手帖 4 ~栞子さんと二つの顔~


「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズの第四作目です。

本書で紹介される書物は以下の通りで、本書はシリーズ初の長編ものとなっています。そして全編を江戸川乱歩の作品群で彩られていて、各章のタイトルも江戸川乱歩の作品名になっています。

プロローグ
第一章  『孤島の鬼』
第二章  『少年探偵団』
第三章  『押絵と旅する男』
エピローグ

シリーズも中盤となり、前作で感じた栞子さんの母親智恵子さんの影、というよりも本人がはっきりと登場してきており、シリーズ全体を通して物語を引っ張る謎の存在として、明確にその存在を主張するようになっています。

私の江戸川乱歩作品の読書歴は、ホームズやルパンを読みふけったあと、日本の探偵ものとして名探偵明智小五郎を読んでいます。その後、「少年探偵団」シリーズを読んで、小林少年や明智小五郎と怪人二十面相との対決を胸躍らせながら読んだ記憶があります。

そのほかに『屋根裏の散歩者』とか『黄金仮面』など、子供が読めるようにした作品があったと思うのですが定かではありません。実際、読んだ本のタイトルはほとんど覚えていないのです。

そうした、幼い頃の読書経験ですから勿論読んだ本の内容までは覚えていません。それでも、提示される書名にかつてを思い出しながら、読ませてもらいました。

江戸川乱歩という名前が、アメリカの作家エドガー・アラン・ポオに由来すると知ったのもかなり早い時期だったと思います。

本書はかつてのビブリア古書堂の顧客であった鹿山明の相続人である来城慶子からの、金庫を開けてくれたら鹿山明から相続した江戸川乱歩のコレクションをビブリア古書堂に売ってくれるというものでした。

来城慶子は鹿山明の愛人であり、本妻とは決して仲が良くないうえに、金庫の鍵や暗証番号などは本妻の家にあるというものでした。

そこで、栞子さんと五浦大輔とは本妻の家に向かうのです。

この金庫を開けるために江戸川乱歩関係の知識をふんだんに駆使し、鍵のありかや暗証番号を類推する様子は、いつもながらこのシリーズの魅力です。

また、栞子さんの母親の千恵子の存在の重要性が明確になってきました。本書の重要な登場人物ごとに千恵子の影が見え隠れし、本書で語られるそれぞれの物語の背後にも千恵子の意思が感じられるのです。

そしてもう一点。五浦大輔の栞子さんに対する恋心をはっきりとさせる時期が来たようです。その上で、栞子さんの母親千恵子と五浦大輔と、そして栞子の三様のあり方を結構面白く読むことができています。

ただ、難を言えば、少々ミステリーとしての興味が薄れているのも事実です。これは全くの読み手の問題であり、我儘ではあるのですが、古書に関する豊富な知識を前提としての物語は、これだけ続くと少々方向性に変化があっても良いのではないか、と思ってしまうのです。

とはいえ、物語として読みやすく面白い作品ではあり、残り三冊を読んでしまおうとは思っています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR