FC2ブログ

青山 文平 遠縁の女


どの作品も武士の暮らし向きが苦しくなる江戸も後期(と言っていいものか)の寛政のころを舞台としており、、やはり青山文平の物語だ、とあらためて感じ入ってしまう、文学の香りすら漂う三篇の物語からなる、中編小説集です。

三篇とも一人称で語られているのですが、この主人公の語りがしみじみと読み手の心に語りかけてきます。その上で、話の展開が実にミステリアスに進むのです。特に最終話である表題作『遠縁の女』は、上質のミステリーを読んだような印象さえあります。

「機織る武家」

入り婿とその後添え、そして姑という、全くの血のつながりの無い三人が一つ屋根の下暮らしています。戸主である婿は剣の腕もあり見栄えもそこそこであるものの、勤めに関しては全くの能なしである武井由人という郡役所の下僚です。姑は元百石取りの上士であったことだけが生きがいともいえる女でした。

あるとき、また家禄の差し替えとなり、三十俵が十表となります。勿論食えず、「わたし」が賃機をすることになるのです。この賃機が武井家の生活を変えることになるのですが、代わりに久代は久代でなくなり、由人もろくでなしが普通の人になってくるのでした。

自分の居場所を確保しようと必死になっていた縫。美濃紙一枚ほどの広さの由人の居場所の片隅に自分の居場所を見つけようとしていたのですが、知らずの内に自分の居場所は大きくなり、由人も姑も縫の居場所の片隅に住まうようになっているのです。

そのことを淋しく思う縫。その気持ちは何なのでしょう。久代を思う縫の心根は単なる「優しさ」と言っては間違ったことになりそうです。

最後にはわたしである縫の抱える屈託が明かされることになりますが、そこでの明かされ方がまた心をうちます。

「沼尻新田」

番方である父親から新田開拓の話を持ちかけられた私、柴山和巳は、知行取りの家にのみ下された今回の開発許可をあまり喜ばしいものとは思ってはいませんでした。というのも、新田の開発は録米の借り上げの代わりであり、沼尻新田と呼ばれるその土地は、砂ばかりの土地であるやもしれず、水すらないと思わねばならない土地だったのです。

現地に行った柴山和巳は、クロマツの林の中で「すみ」という野方の女と出会い、一目で魅せられてしまいます。そして、ある思いから新田開発を受けるのです。

当時の経済の仕組みの一端を垣間見せる物語でもあります。すなわち、武家の給料は、蔵米取りと知行取りとがあり、蔵米取りとは家禄を米俵で受取り、知行取りは領地をもち、そこからの年貢が給料ということになります。本来の武家は領地を持ち国を治めていたわけで、知行取りこそが本来の姿であったことになります。

また、野方の者とはその昔、人減らしの意味をも含めて原野に放り出した一族の末でした。「彼らは私だった」のであり、私は家のこと、御国のこと、そして何よりも「すみ」と野方衆のことを考えねばならなかった、のです。

藩の重鎮の右腕とされている自分の立場で最善のことを為そうとする一人の男の物語です。ある種のファンタジーでもある、一人の侍の一途な想いを語る好編です。

「遠縁の女」

好きでも無い学問はそこそこにできるが、好きな剣は頭打ちになっている片倉隆明は、五年を目途に武者修行へと出立します。

この五年の修行の様子そのものも惹き込まれる物語でした。

竹刀稽古から木刀での稽古までの本来の意味を盛り込みながら、強い百姓らの稽古する野の稽古場という道場に行きつきます。ここでの、百姓らの剣は生きるためであり、武士の剣は死ぬためのものである、という話は印象的です。

また、主人公の「かな字の欠片」という言葉、砕け散ったそれまでの剣の修行を再構築する必要性を「かな字の欠片」という言葉で表すその魅力には惹かれました。

この道場での生活は魅力的なひと時でしたが、急な知らせで郷里に帰った主人公を待っていたのは意外な事実でした。勿論、表題から予想できる「遠縁の女」が絡んでくるとは思っていたのですが、その絡み方が思いもかけない展開だったのです。


新しい作品を読むたびに、今までの作品よりも更に上を行くのではないかと思う、そんな気さえ感じさせる著者、青山文平氏のこの頃の作品です。本作品は、中でも素晴らしい作品でした。何故この作品にそれほどに魅せられるのでしょう。じっくりと考えてみましょうか。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR