FC2ブログ

小川 一水 天冥の標6 宿怨 PART 2

天冥の標6 宿怨 PART 2 (ハヤカワ文庫JA)天冥の標6 宿怨 PART 2 (ハヤカワ文庫JA)
(2012/08/23)
小川 一水

商品詳細を見る

太陽系世界の均一化をめざすロイズ非分極保険社団に対して、“救世群”副議長ロサリオ・クルメーロは、同胞に硬殻化を施して強硬路線を推し進める。その背後には秘かに太陽系を訪れていた異星人“穏健な者”の強大なテクノロジーの恩恵があった。いっぽうセレス・シティの少年アイネイアは、人類初の恒星船ジニ号の乗組員に選ばれ、3年後の出航を前に訓練の日々を送っていたが―すべての因果が悲劇を生む第6巻第2弾。(AMAZON内容紹介)

-------------------------------------------------

やっと読み終えた。まだ後一冊あるけど。

そう思うくらい、少々読むのに努力が要ります。物語の構成が頭の中で整理できないので、きっちりと読み込まなくては筋を追えません。

確かにスケールも大きく、如何にもSFらしいSFなのだけれど、若いころ読んだSFの胸躍る興奮は見当たりません。

文章も、内容も少々難しいのかもしれません。設定は非常に興味をそそられるのでもう少し読み易くしてもらえたらと思います。

でも、そうしたらこの作者の個性も死んでしまうのかも。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR