FC2ブログ

誉田 哲也 硝子の太陽Rouge


「姫川玲子×〈ジウ〉サーガ、衝撃のコラボレーション」という本書の惹句がかなりインパクトがあり、早く読みたかったのだけれど、図書館組の私の手元に届くのは今になってしまいました。

祖師谷で起きた一家惨殺事件。深い闇の中に、血の色の悪意が仄見えた。捜査一課殺人班十一係姫川班。警部補に昇任した菊田が同じ班に入り、姫川を高く評価する林が統括主任として見守る。個性豊かな新班員たちとも、少しずつ打ち解けてきた。謎の多い凄惨な事件を前に、捜査は難航するが、闘志はみなぎっている―そのはずだった。日本で一番有名な女性刑事、姫川玲子。凶悪犯にも臆せず立ち向かう彼女は、やはり死に神なのか? (「BOOK」データベースより)

早速読み始めたら、期待に違うことなく、一気に読み終えてしまいました。何と、誉田哲也の両シリーズのオールスターキャストといっても良いではないですか。

エンターテインメント小説としての面白さを十分に持っている小説、という点ではトップクラスの面白さをもった小説だと思います。というか、それくらい私の好みに合致した小説だということでもあります。

ただ、万人に好まれるかといえば若干の疑問もあります。というのが、このシリーズの『ブルーマーダー』でもそうだったのですが、殺害行為の描写が非常にグロテスクなのです。単に猟奇的な興味からの描写ではないというのは分かるのですが、女性などには嫌悪感を持つ人もおられるかもしれません。

そうしたグロさという点はあるにしても、姫川シリーズの面白さは十分に持っている物語です。姫川玲子の気の強さ、その姫川を助ける菊田、姫川に腰ぎんちゃく的につきまとい口説こうとする井岡、常に姫川をかばってくれる林課長、それに何故か姫川を嫌うガンテツと呼ばれる悪徳刑事勝俣らが実に魅力的に動き回っています。

これだけ登場人物が生き生きとしているシリーズはそうはありません。その上にストーリー自体がよく練り上げられているために、読者に本を置く暇を与えないのです。

そしてなんといっても本書は誉田哲也のファンであればだれでも知っている物語である『ジウ』シリーズの流れをくむ『歌舞伎町セブン』の物語とリンクしているのですからたまりません。

ですから、東弘樹警部補はもちろん登場しますし、「欠伸のリュウ」こと陣内陽一も少しですが顔を出します。なによりも、本書で問題となる事件そのものが上岡慎介というフリーライターの殺害事件なのですが、この上岡自身が新生「歌舞伎町セブン」の一員なのです。

こうしてくると、本書と対になって出版された『硝子の太陽Noir』を早く読みたくなるのは当然です。Noirのほうは、『歌舞伎町セブン』『歌舞伎町ダムド』と続く物語であり、本書で残されたいくつかの疑問点などもそちらで解消されるのではないでしょうか。

それにしても、『歌舞伎町セブン』の物語は読んだ当時はそれほどの感激を覚えなかったのですが、今になって『姫川玲子シリーズ』との連携を見せつけられ、個々の出来ごとの裏の意味などが明確になってくるにつれ、あらためてその面白さが蘇ってくる気がします。

特に、『ジウシリーズ』を読んでからは数年を経ているので、はっきり言って内容はほとんど覚えていません。二つのシリーズの合流によって、一つの大きなサーガとして成立するのであるのならば、再度読み返してみようか、などとも思っています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR