FC2ブログ

辻堂 魁 待つ春や 風の市兵衛


風の市兵衛シリーズ第十六弾です。

武州忍田領内で公儀御鳥見役が殺された。武州忍田領阿部家の上屋敷に、現在は俳諧師である元阿部家家臣芦穂里景が訪れると、阿部家の奥方より、殺された公儀御鳥見役の殺害犯人として捕らえられた笠木胡風を救い出すように、と頼まれる。そこで、芦穂里景は知己であった宰領屋の矢籐太を通じて唐木市兵衛を雇うことになり、芦穂里景の世話役の八歳の正助をも含めた三人は武州忍田へと向かうのだった。

時代小説の一つの典型として、ある藩の国元の重臣たちの専横があり、その専横に対して藩の良識ある人物たちが立ちあがり、自分たちの力不足をヒーローの力を借りながら横暴な重臣たちを排除する、という形があります。

本書はまさにその型通りの展開なのですが、作者次第でこうも読みごたえがある作品になるのかという見本のような作品です。

勿論、この物語が万人にとって満点というわけではなく、例えば個人的には弥陀之助の登場場面があればなおよかった、とか、市兵衛の動きがもう少し早めであればなど、それは個々人の要求に足りない個所はあるとは思います。

しかし、この作者の物語のすすめかたの巧みさ、情景描写の丁寧さは、物語の世界へと読者を誘う力が素晴らしいと、このシリーズを読むたびに思うのです。特に本書では、正助という童がかわいらしさを出しており、本シリーズの第二作目の『雷神』で登場した小僧の丸平(がんぺい)にも負けない存在感がありました。

このシリーズも今のところ(2017年7月現在)、第二十巻まで出ているようです。残りあと四冊の後は、この作者の他のシリーズを読んでみたいものです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR