FC2ブログ

鈴木 英治 九層倍の怨-口入屋用心棒(29)


殆ど二年以上の間を置いて読んだ、シリーズ第29弾です。シリーズものを読むのにこれほど間をあけるといけません。物語の設定を忘れてしまっているのです。

湯瀬直之進が掏摸を捕まえたところ、翌日にはその意趣返しを受けるという事件があった。一方、定廻り同心樺山富士太郎は錠前師八十吉殺しの探索に精を出す日々だったが、目星をつけていた錠前屋の高久屋岡右衛門に対する疑いもなかなかに進展しないでいた。また、富士太郎から探索の手伝いを頼まれた直之進も同様に高久屋へとたどり着いていた。

久しぶりの鈴木英治作品でしたが、やはり独特の文体は読んでいて小気味のいいものでした。登場人物の内心の声がそのまま地の文となる、独白とも言えないその心裡描写は、視点がかなり移動するにもかかわらず、読んでいて戸惑うこともありません。

それどころか、かえって人物描写に奥行きが出て、物語に厚みを感じたりもするから不思議です。

勿論、直之進や富士太郎らの探索が実を結び、クライマックスには直之進、佐之助の剣戟の場面も用意してあり、読者を楽しませてくれます。

直之進と佐之助、それに琢ノ介に富士太郎と珠吉、そしてそのそれぞれにつきそう、おきく、千勢、智代らの女性たちが色を添えます。

本シリーズの場合、他の時代小説よりは女性自身が活躍する場面は少ないかと感じますが、それはそれでこのシリーズの特色だと思っていいのでしょう。

かなり間をおいたため、本書の舞台設定を理解したり、思い出すことに若干の時間を食いましたが、やはり面白い物語は面白い。再度読み始めようと思います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR