FC2ブログ

結城 充考 アルゴリズム・キル


独特のSFっぽい雰囲気を持った、長編の警察小説です。

組織捜査を逸脱する行動が問題視され、所轄署の警務課に異動になったクロハ。内勤中心の日々は単調だが、ようやく慣れ始めた。しかし、身元不明で傷だらけの少女が保護され、未成年の不審死が連続するなか、クロハのもとにも、存在しないはずの少年に関する、「奇妙な噂」がもたらされる。独自調査をはじめるクロハだったが、彼女は常に誰かに監視されているような気がしてならなかった―。(「BOOK」データベースより)

久しぶりに読んだクロハシリーズでした。そのためでしょうか、どうも読んでいてリズムに乗れませんでした。

それは、一つには、期間が空きすぎたため、読み手の私はこの作品の基本設定を忘れているのにも拘らず、物語は既存シリーズの情報をそのままに、殆どの説明も無く進んでいくところにあると思われます。

そして、最大の理由はクロハの心象の描写に多くのスペースが割かれすぎていて、読んでいて違和感を感じてしまうからだと思われます。それは個人の好みに帰着する問題でもあるのでしょうが、これまでのシリーズでも同じタッチで書かれていたとは思えない印象を持ってしまったのです。

以前このシリーズを読んだときはこのような印象は無く、ただSFっぽい雰囲気を持った文章であり、独特なリズムを持っている作品だとのイメージのみがあったと思います。

本書でのクロハはその能力を買われながらも、所轄での仕事を懸命にこなそうとしています。ただ、捜査本部にいる自分をどうしても考えてしまうのです。

また、周りもクロハをほっておこうとはせずに、その能力を利用しようともします。そうした折に区役所の子供支援室からの、虐待の疑いのある少年の保護の立ち合いの依頼の電話を受け、その後の無戸籍児童の問題へと繋がっていくのです。

一方、未成年の不審な死が続き、クロハの属する所轄署に捜査本部が立つことになります。捜査本部にはかかわりの無い警務課員であるクロハは、捜査に携わることもできない自分の立場のままに、戸籍を持たないであろう社会的には存在しない扱いになる子供の行方を捜し続けるのでした。

残念なことに、クロハの心象描写の冗長さに加え、ストーリーの分かりにくさも感じてしまいました。普通の警察小説とは異なる、独自の世界であるだけに、もう少し分かりやすく書いて欲しいという気持ちは、本書で初めて持ちました。

そしてこれは以前から感じてはいたことですが、バーチャルの世界を描くときに、ノートパソコンの画面という二次元の世界であるにもかかわらず、まるで3D世界の中に放り込まれたかのような描写をしてあることにまで違和感を感じてしまいました。本書では物語の筋を追いにくいということもあってか、特にそのことを感じてしまったようです。

今のままであれば、今後このシリーズが続くとしても読まなくても良いかという気になってしまいました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR