FC2ブログ

畑野 智美 夏のバスプール


まさに青春小説と呼ぶべき、長編小説です。

夏休み直前の登校中、高校一年生の涼太は女の子にトマトを投げつけられる。その女の子・久野ちゃんが気になるが、仙台からきた彼女には複雑な事情があるらしい上、涼太と因縁のある野球部の西澤と付き合っているという噂。一方、元カノは湿っぽい視線を向けてくるし、親友カップルはぎくしゃくしているし、世界は今年で終わるみたいだし―。どうする、どうなる、涼太の夏!?胸キュン青春小説!(「BOOK」データベースより)

運動神経と、国語の成績は良いものの、数学や科学は赤点です。何しろ掛け算ができないのです。クラスというよりも学年で最下位に近い高校一年生の涼太。登校時にトマトをぶつけられた女の子に恋をしてしまいます。

同じ高校の同学年なのに顔を知らない、などと思っていたら、仙台からの転校生というのです。残念ながら、彼女は野球部の西澤と付き合っているらしく、西澤から彼女に近づくなと言われてしまいます。

親友の青野らの話では彼女は仙台で何かつらい目にあったらしいのですが、誰もそのことを教えてはくれません。

という話の運びは、青春小説ど真ん中の物語でした。『ふたつの星とタイムマシン』を読んだときも思ったのですが、この作者の文章は難しい単語は全く使ってありません。更に、短めの文章をたたみ掛けてくるその文体は、心地よいリズムで実に読みやすいものです。

本書に登場する高校は、中高大との一貫校らしく、それほど受験勉強に精を出さなくても、よほどのことがない限りは大学までは行けそうなのです。ところが、本書の主人公の涼太はその「よほどのこと」にあたりそうなまでに成績が悪いのですから始末に負えません。

でも彼に友達は多く、内部生、外部生、そして運動部系の区別なく声をかけられ、慕われています。この「内部生」「外部生」との区分けが良く分からないのですが、中高大一貫校なので、高校からの入学生を外部生として区別しているのだろう、と勝手に思っていました。

成績はよくないのだけれど、運動神経はいい主人公は、青野や望月といった仲間にも恵まれ、まさに青春を謳歌しているように思えます。この主人公の性格のよさなども、読んでいて心地よく、読みやすい理由の一つと思われます。

ただ、『ふたつの星とタイムマシン』のようなSF仕立てではないからなのか、仲間との関係性など少々腑に落ちない点も垣間見え、若干の物足りなさを感じたのも事実です。青春小説として、確かに読みやすく、そして面白い作品なのですが、もう一歩心に残らないのです。それは、主人公らの生活が、私らの青春時代とのあまりに違うことからくるのかもしれないし、もしかしたらこの作者の作風があまりに読みやすいことからくる思いこみなのかとも思ってしまいました。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

siro

Author:siro
このブログの本棟として本の紹介のサイトを開いています。
(こちらです⇒読んだ屋
本ブログを別棟として位置付けて、読んだ本を記録していこうと思い立ちました。ここでの文章を母屋であるそのサイトに転記していくつもりです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR